若い時は独身の友達が殆どで、恋活や婚活をしなくても他に楽しいことがあり時間を持て余すことはありませんが、年齢を重ねるごとに周りは恋人ができたり、結婚してしまったり、早く自分も恋人を作らないと!結婚しないと!と焦ってしまいます。

合コンやお見合いパーティに出向き少し気になる異性とデートを数回するも、相性が合わないことに気付きまた振り戻し。そうこうしている内にどんどん疲れてきて、出会いの場に行くこと自体が億劫になってきます。

そんな負のループを打破するには、どうすれば良いのでしょうか。素敵な結婚相手と巡り合うにはどうすれば良いのか一緒に見ていきましょう。

自分探しをし、自分を理解する

自分探しをしようと言われると時間がかかりそうな気がしますが、実はこれこそが素敵な結婚相手と巡り合う近道です。1番大事なのは、表面的な良さでは無く、その人自身がいかに自分に合うかどうかです。自分探しをし、まずは自分という人はどういう人と合うのか知ることが大切になってきます。

類は友を呼ぶという言葉があるように、ある程度似たような人が寄ってくる傾向にあります。理想が高い人は、その理想像にまずは自分が先にならないと、その異性が寄ってくることはありません。しかし、それで良いのです。何故なら結局居心地が良いのは、自分と似たようなところを持っている異性の方が一緒に居て楽しいから。

素敵な結婚相手というのは、見た目が良く、性格も良く、高収入な職業に就いている人のことを言うのではありません。周りはそういう人が結婚相手だと羨ましく思うかもしれませんが、1番大事な性格の相性が合っていなければ何の意味も無いのです。どんなにお金が無くても、相手が事故で働けなくなっても、その人と添い遂げたいと思えるか否か。

中々そのような大きな愛に巡り合うことは難しいかもしれませんが、まずは色々な経験をして、自分がどんな人であるのかをしっかり理解しましょう。

どのような経験で自分を理解出来るのか?自分を理解することで見つかるメリット

兎に角チャレンジしたいことはお金や時間を惜しまずどんどんしましょう。あらゆる経験を増やすことで、自分はどういうことが好きなのか、物事にチャレンジすることでどのように感じるのかを知ることが出来ます。また「これが好きだからもっと深く掘り下げたい!」とか「もっと上を目指したい!」など目標が見つかってきます。チャレンジして楽しかったことが趣味になり、目標を持ち、頑張ることであなたはまた1つ輝くことが出来ます。

好きなことや趣味は出会いを増やすきっかけ作りになります。趣味を増やすことで、仲間が増え、その仲間がまた仲間を呼び人脈が増え、必然的に出会いも増える為、趣味や好きなことが同じ異性と出会えることができます。

同じ趣味を持っている人だと好きになった時に近付きやすいですよね。話題も尽きない上に同じような目標をかかげることでしんどさや大変さ、楽しさを共有出来、距離感が縮まり、自然と良いループを自分で生み出すことが出来るのです。

一見上記のような方法は遠回りのように思えますが、意外と近道であるということを忘れないで下さい。結局合コンをしたりデートを繰り返しても、自分の好みの人とのデートでないと意味がありません。いかに気になる人との親密度を上げるかがキーポイントになってきます。

その場限りのデートをしない

意中の相手でもそうでない相手でも、次に繋がるデートをしましょう。次に繋がるデートというのは、相手は違ったとしてもまた次にデートをする際に同じ過ちを繰り返さない、1歩成長したデートをするということです。もしそのデートが上手くいかなくても成長出来、学びになるようなデートを構築することが大事なのです。

素敵なデートも悪い思い出しかないデートも、何かそこから学べるものはあったのではないだろうかと探すようにすると良いでしょう。色んな人とデートを積み重ねることで、相手にどのように接すれば喜んでもらえるのか、またどんな風に本当の自分を出すべきなのかが、徐々に見えてくることでしょう。

笑顔から生まれるポジティブ循環を作り出す

「なんとなく上手くいけば良いな」という気持ちでデートしないように心掛けましょう。ワクワクウキウキすることでアドレナリンが出て、良いホルモンが出ることによって中身から肌つやも良くなります。

精神と体は繋がっている為、自分を楽しませることが大事です。自分を楽しまることによって、周りも楽しい気持ちにさせることが出来、あなた自身の見た目も自分では気付かない内に素敵に変わっていくので、ポジティブなループが生まれます。

「自分が楽しい→笑顔が増える→相手もあなたの笑顔で自然と笑顔が増える→笑顔が増えることで楽しいと感じる→また会いたくなる」という良い循環を作り出せます。笑顔で居ることで、そこまで楽しくないと感じていても脳はその笑顔により楽しいと感じることが出来るのです。

ブレない自分を持つ

少し気になる相手と居るとどうしてもその人に好かれたい思いや嫌われたくないという感情が誰でも現れてきます。その感情のせいで本当の自分を見失ってしまい、結局上辺だけの会話になり、偽りの自分を見せることになってしまいます。そうなると本当に自分と相手の相性が合っているのか分からなくなり、最後にはその相手と会うことすら疲れてしまうのです。

異性に関わらず人に好かれたいと思うのはごく自然なことで、人の本脳とも言えるでしょう。しかしここは心を鬼にして、素敵な恋愛をする為にも自分らしく本当の自分をさらけ出す勇気が大事です。

「分かってはいるけどそんな簡単なことじゃない」と思われるかもしれませんが、自分をさらけ出すことを妨げているのはあなた自身の羞恥心です。その羞恥心を取り払い、前へ進んでください。そうでないといつまで経ってもどのような人が自分に合うのかを見つけ出せず一人ぼっちのままになってしまいます。

1度自分をさらけ出してしまえば、次回からも自然と本当の自分のままで居られます。周りの感情に流されないブレない自分を持つことで、相性の合う異性と出会うことが出来るでしょう。

考え方によっては頑固になりがち

人はそれぞれ、拘りや考え方があります。同じような考え方を持っている人も居れば、シチュエーションによっては意見が食い違う時も出てきますよね。どんなに相性が合うと思っていた異性でも、そのような場面にぶち当たる時が必ず来ます。

何故なら育ってきた環境や場所など色々な違いの中で生きてきた2人なのですから、考え方や意見が違って当たり前です。今まで相性が合っていると思っていた人と意見の違いが見つかった時に、相性が合っていたという反動から異常に強く反応し、拒否をしてしまうことがあります。相性が合っているというのは思い違いで、本当は相性なんて合っていなかったのでは・・・と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

時と場合にもよりますがたった小さな考え方の相違で相手を頑なに拒否するより、「そういう意見もあるのだなぁ」と、認めることは出来なくても理解することは出来るはずです。多少の価値観や意見の相違は、受け入れてしまった方がお互いの絆を深める良いきっかけになるでしょう。

理想像をしっかり持つ

付き合うならこんな人が良いなと確固たる考えを持つことです。見た目の理想像だけで無く、内面の理想像をしっかり持つことが大事です。テレビを見ている時などに素敵だなと思う異性が現れたらこの人はどのような人か内面を探るようにしましょう。そのような見方をすることで、自分自身がどのような性格の人を求めているのかを理解出来ます。

思いやりのある人、優しい人のように漠然とした内容では無く、家族や友達を大切にしている人や慈愛精神を持っている人、深い話(例えば命の話など)が出来る人というように具体的な理想像を想い浮かべましょう。そうすることで、長く一緒に居られる素敵な相手が見つかりやすくなります。

まとめ

恋人は要らない、結婚はしたくないと思っている人も多い中で、素敵な異性と出会うのはとても難しいことですが、長い人生の中でどんな人にも運命の人は必ずいます。ただその人を見つけられるか見失うかはあなた次第です。上記で述べた事項を実践することで、あなた好みの異性と巡り会える可能性も上がることでしょう。