婚活を成功させて、相手の女性と結婚を成立させるために、やはり初デートは最も大切なイベントになります。 ここで女性から「あなたと、また遊びに行ってみたいな!」ということを思ってもらえるかが、関係が進展していくかのターニングポイントだと思います。

そのためには、やはり服装や身だしなみに気をつけていかなければいけませんし、女性をデートに誘う場所や時間帯にも気を付けなければいけません。  これから、その事について解説したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

初婚活デートは清潔感のある服装で!

初の婚活デートは、初めて二人きりでデートを行う記念すべき日でしょうから、男女ともにスタンダードなファッションで挑んだ方が適切でしょう。 あまり奇抜なファッションをしてしまうと、相手に(奇抜すぎるファッションだな、この人と結婚して子供が生まれたら、どうなるか全くわからない・・・不安だ)というような不安感を与えてしまうかもしれませんので、なるべくフォーマルに近い服装を心がけましょう。

女性は女子アナのような清楚系が好印象

女性であれば女子アナが着ているような清楚な感じの服装の方が、男性の方も(ああ、この女性は婚活に積極的なんだな)ということを思ってもらえるでしょうから、第一印象としてはバッチリでしょう。

男性はジャケット&パンツなどのキレイ目が好印象

男性であれば上はジャケットに下はパンツといったオーソドックスな格好の方が、女性に NG判定をくらうことなく、デートの際の第一関門を突破することができるでしょう。

ジャケットであれば、その下がただの T シャツであったとしても、結構さまになっていますからね。 しかし、暑い季節になってくると、さすがにジャケットを羽織るのは厳しくなってくるでしょう。

そのような時には、カッターシャツでもいいのですが、白いカッターシャツの場合はそれだけしか着ていないと、女性に男性の上半身がスケスケになって見えてしまうので、他の色のカッターシャツを選ぶか、シャツの下に夏用の下着を着てください。

夏になると女性目線では、多くの道行く男性たちの上半身がスケスケになっているので、結構辛いらしいのです。「見なければいいじゃないか!」というふうに思うかもしれませんが、どうしても目に映ってしまうそうなので、少しでも女性に不快感を与えないように気をつけましょう。

髪型やアクセサリーなど細かいところにも気を配る

女性というのは家を出る時に必ず自分の髪型をチェックしたり、鏡の前で身だしなみのチェックを行っているので、当然ながら、男性も自分と同じようなチェックが入ります。

しかし、女性に比べて男性は身だしなみに気を使うことが圧倒的に少ないので、第一印象から女性に(私がこんなに身だしなみに気を使ったのに、この男性はこんなにズボラな格好で・・・婚活に本気なのかな?)というふうに不信感を持たれてしまうので、男性も女性と同レベルとはさすがに言いませんが、身だしなみに気をつかってください。

別に特別なことをしてくださいと言っているわけではありません、家を出る前に、髪がはねていないかとか、匂いは臭くないかとか、肩にフケが乗っかっていないかとか、靴が汚れていないかとかをチェックして、問題がないのであれば女性の前に姿を表しましょう。

「そんなことまでしないといけないの!?」というようなことを思うかもしれませんが、女性はそこまで自分に対して気を使っていますので、少しでも女性の意識に近づけるように努力をしてみてください。

初婚活デートは短時間がベスト!

初の婚活デートはあまり時間をかけないようにしてください。 まだまだお互いのことを分かり合えていないでしょうから、男性はなるべく女性を不安な気持ちにさせないように気をつける必要があります。

初デートは3~4時間がベスト

あまりにデート時間が長いと、女性から(なんだかつまらなくなってきちゃった。 いつまで私を連れまわすんだろう・・・もしかして、このままホテルに連れ込もうとしているのかも? いい加減早く帰りたいな)というような感じで心配させてしまいますので、長くても4時間で終わらせるようにしましょう。

ワンナイトラブではなくて、婚活デートですので、なるべく女性にそのような不安を感じさせないように気をつける必要があります。 そのために私がしていることがランチデートです。

ランチデートであれば、女性もそのデートで男性が、自分と深い関係を求めてくるようなことはないだろうと安心してくれますので、ディナーよりもデートに誘いやすいのです。

お互いもう少し一緒にいたかったと思えるぐらいの長さが最適

初の婚活デートでフィニッシュすべきタイミングというのは、お互いのコミュニケーションが活発化してきて盛り上がってから、女性が「他にも色々なことをおしゃべりしたいな!」ということを思ってくれている段階で終了させましょう。

もちろん、いきなり会話を終了させてデートをお開きにするのではなくて、ある程度会話が落ち着いてきたタイミングを逃さずに終了してください。 そうすると女性の方が「今日はとっても楽しかったです! また誘ってくださいね!」ということを言ってくれるでしょうから「じゃあ次のデートは」という感じで、その場で次のデートを約束してください。

お互いが盛り上がっていますので、女性はほぼ OK してくれるでしょう、そして、次のデートの日まであなたとの楽しい初婚活デートの記憶を持ち続けます。 気を付けなければいけないこととして、次のデートまで時間を空けすぎると、楽しかった記憶がぼんやりしてきますので、なるべく一か月以内に次のデートの日を決定した方がいいです。

おすすめ!初婚活デートに最適な場所

初の婚活デートということになりますから、まだまだお互いに対して緊張感を持っていると思いますので、何を喋っていいか分からないと思います。 なので、お互いを理解できるようにコミュニケーションがとれる場所か、喋らなくても大丈夫な場所を選択する必要があります。

レストランなどの食事デートがおすすめ

初デートと言ったらやはり食事デートが定番でしょう、食事デートは食事をするだけではなくて、少しえぐい言い方ですが、お互いの人間性までもがしっかりと透けて見えるようになっています。

ナイフやスプーン、箸の使い方であったり、食べ方であったり、レストランのスタッフに対しての言葉遣いであったり、相手と喋っている時の対応であったり、様々なことが分かるようになっています。

なかなかいないと思いますが、せっかく相手と食事をしているのに、何かを食べながら一生懸命スマホの操作をしている人がいますが、これはデート中に最もやってはいけないことの一つでしょう。

逆の立場になって、自分が相手にそのようなことをされていたらどのような気持ちになるでしょうか? もう二度とその人とデートはごめんだと思いますので、 SNS などが気になるかもしれませんが、デートの時には一旦封印しておきましょう。

食事前に映画を見るのもあり

初めての婚活デートですから、いきなり食事デートといっても会話をするのが難しいかもしれませんので、その前に映画を見に行くのもおすすめです。 映画館で会話するのはなかなか難しいですので、黙っていても不自然ではありません。

ただ、映画を見終わった後は、映画についての話をしなければいけませんが、あまり男性は深い話をしないように気をつけてください、女性が「あの場面よかったよね!」ということを言ってきても「本当にそうだろうか? あれは主人公が深い悲しみに陥っていて~」というような感じで、議論にならないように気をつけてください、女性は議論が嫌いですからね。

初デートというだけで緊張して疲れるので遊園地や水族館などの長時間になるデートは避ける

お互いがあんまり相手のことを知らないので、長時間コミュニケーションをとらなければいけないような、遊園地や水族館などは初デートには不向きです。 もうちょっと深い関係になってから行きましょう。

次につながるデートにしよう!

いかがだったでしょうか。 結婚という成果を掴み取るためには、初デートというのは大切な最初の一歩です。 そのため、相手にできるだけ不快感を与えないように、清潔感のある格好や、不安に思われないデート場所や時間を選択しましょう、第一印象で失敗しなければ、2回目3回目と続いて行けることができるので、頑張ってください!