心理テストって楽しいですよね!自分でも気付いていない本性が露(あらわ)になったり、友達の意外な一面を発見できたり、女子会で盛り上がる話題の一つです。
今回は、私が友達との恋愛トークをしていた時に聞いて、目から鱗が落ちた心理テストを3つご紹介します。

恋人に求めるもの3つ……本当に求めている事を探すテスト

どんな人がタイプ?と聞かれたら、皆さんは何と答えますか?
顔のタイプも、切れ長な一重かパッチリ二重、濃い系か塩顔など、人によって好みが分かれますよね。玉の輿に乗りたいから、年収重視!という人もいれば、共働きでも今は当たり前だし、定職に就いてさえいればOKという人も。
これらに正解はありません。恋愛観や結婚観、人生観といった個々の価値観により個人差が出てくるものです。
そこで、「恋人に求める条件」を3つ挙げてみてください。大きなカテゴリーとしては、顔、身長(体型)、収入、性格などですね。
何人かの友人に聞いてみて、よくあった回答は「優しい、背が高い、カッコいい(顔が自分好み)」「ギャンブルしない、年収◯◯◯万円以上、長男じゃない」などでした。
解答内容から、その人の恋愛観も垣間見えるようですね。恋愛の先に結婚を意識している人は、将来を見据えて恋人のライフスタイルも気になるようです。
数ある要素の中から3つに絞るわけですから、考えている間には理想の恋人像が脳内である程度出来上がって来るのではないでしょうか?
では、ここで、改めて4つ目を挙げてみてください。強いて言えば、あともう1つ、どんなことを恋人に求めますか?
実はこの4つ目が、恋人に求めるあなたの本心なんだそうですよ!
そうと分かれば、身近な友人に聞いてみたくなりませんか?
私の周りの女性たちの「4つ目」の解答は、

「匂い」

女性の本能の部分が反応するのでしょうか?この匂い好き!と感じるんだそうです。男性の汗の匂いが好きという女性は多いですし、シャワーで清潔にした後(使ってるシャンプーの匂いも含めて)の体臭を嗅いで落ち着けるというのは、理屈ではなく好きになれる、最強の要素かもしれませんよ!

「体の相性を高める努力」

生まれもった体ですから、お互いの体の相性ってありますよね。最初から最高の相性なんて、なかなかありません。そこを努力で高められる人、そういう努力が出来る人がいい、というご意見でした。また、エッチの回数を重ねるごとに、毎回ワンパターンだとマンネリになってしまいませんか?そんな時に新鮮な気持ちでラブタイムを過ごせる工夫をしてくれる彼となら、ずっとラブラブでいられるかもしれませんね。

「借金がない」

経済的な問題がある場合、他人には言いづらいもの。金銭トラブルに巻き込まれたら、恋愛関係にもヒビが入ってしまう可能性があります。聞きづらい事でもありますし、聞いたとしても実際に借金がある場合は、正直に答えてもらえないかもしれません。すごくたくさん貯金がある訳じゃなくても、お金の問題を抱えていない事が望ましいですね。

いやぁ~、さすがに、本心が分かると言うだけありますね!
生々しいコメントを頂くことが出来ました。
ちなみに、私の場合は「1:煙草を吸わない 2:お互いに一人の時間を過ごせる(恋人に依存しない) 3:声が私の好み」そして4つ目は「顔!」でした(笑)
そう言えば、彼氏と付き合う前は、好みの顔じゃないから無理だな~と思っていたんです。見慣れるうちに好きになってしまったのですから、確かにこの4つ目の条件をクリア出来れば、カップルになれるのかもしれませんね!

これだけは唯一、外せない!……トキメキの瞬間を思い出すテスト

現在、恋人がいる方に聞いてみると面白いテストです。
加齢によるものだったり、ライフスタイルの変化に伴って、恋人のスペックが今後下がっていくとします。もちろん、実際に人間は長い年月の中で変わっていきますから、仕方のない事ですよね。
恋人の好きな部分で、他は変わってしまっても、ここだけは残しておいてほしい!無くならないでほしい、という部分は何?というお題です。
これ、色んな人に聞いてみましたが、だいたい皆さん口を揃えて「特にない」とおっしゃるんですよね。「ここが不満だから変えてほしい」はあるようですが、「変えないで!」という部分は、既に持っている部分なので見つけにくいのかもしれません。だからこそ、変わらないでほしい所を見つけられるっていうのは、パートナーのことをよく理解している、ってことでもあるんだと思います。
そんな中で頂けた貴重なお答えをご紹介します。

「おしゃれというか、清潔感」

仲良くしてくださっているご夫婦に質問したら、旦那さんからのご回答でした。アート系のお仕事をされていて、芸術への造詣も深いご夫婦。確かにこの奥様、清潔感・透明感がある、おしゃれでセンスのいい素敵な方なんです!年齢を重ねても清潔感ある女性でいられたらいいですよね。私もそんなマダムを目指したいものです。

「和服を綺麗に着こなせるところ」

こちらも、仲良くしてくださっている別のご夫婦の、旦那さんからのご回答。奥様は百貨店でアパレルのお仕事をされていて、特にお着物の販売が中心。同姓の私から見ても、とにかくボディバランスがいいです。背は高すぎず低くなく、華奢というほど細すぎず、お尻が小さく、すらりとした足は真っ直ぐでキレイ。洋服も着こなしますが、和服の時の麗しさといったら……。「女将さんみたいなオーラを出さず、凛とした可愛さのままでいてほしい」のだとか。

この回答で何が分かるかと言うと、相手にときめいた要素なんだそうです!どんな所に魅力を感じたのか、という事ですね。

私の場合は、彼の「猫好きなところ」です!
彼はマンションで猫を3匹飼っており、彼が猫と遊んでいる姿を見るだけで、じわ~っと癒されるんです。そして、普段から猫たちを撫でているからでしょうか、私を撫でてくれる手も優しくて、猫になった気分に浸れて最高に幸せ!
この話をした時、猫好きの友人は「わかる~!」と言って固い握手をしたほどなのですが、犬派の友人(出題者)からは「その答えは初めて聞いた」と、苦笑いされました。
この質問に答えて思い出した。彼とデートしていた時に猫を飼っていると聞いて、「1人暮らしで、動物のお世話が出来るなんてエライ!」と密かに感動したんだっけ。「最初の子は街頭で里親を探している団体から引き取って、次の子は近所のコンビニの前でニャーニャー鳴いてて……」と馴初めを聞いて、なんて優しい人!と、更に尊敬の眼差しで見るようになったのでした。

……と、相手を好きになった瞬間を改めて思い出すことが出来るようですよ!直接聞くのはちょっと照れてしまうかもしれませんが、彼にもこのテストに答えてもらうことで、付き合いたての頃を思い出してもらえるかもしれませんね。上手に聞き出してみましょう♪

愛を伝える5つの言語……ラブ・ランゲージを知るテスト

恋人にも友達にも家族にも、好きな人に、好き!と伝えてますか?いつも一緒に過ごしていると、改めて愛情を伝えることは少ないのではないでしょうか?
日本人は基本的に照れ屋さんなのか、LOVEを伝えるのが奥手だと聞きます。
表現の仕方は人それぞれ。大きく分けて、5つの表現の仕方があるそうです。
A) Words of Affirmation「肯定的な言葉」=言葉で伝える愛
B) Quality Time「クオリティ・タイム」=2人の時間を過ごすことで伝える愛
C) Receiving Gifts「贈り物」=プレゼントを贈ることで伝える愛
D) Acts of Service「サービス行為」=家事を手伝うなどで伝える愛
E) Physical Touch「身体的なタッチ」=ボディタッチで伝える愛

言葉、時間、贈り物、サービス、タッチ。これら全てを平均的に与える・求める人もいれば、どれか1~2個だけという人もいるそうです。
どれも素敵だな♪と思うのですが、相手が求めていないことをし続けても喜ばれないので、何を望んでいるかを把握しておく事が必要なんだとか。

例えば、「好きだ、大切にしたい」という言葉が欲しい女性に対し、言葉で伝えるのが照れ臭いし、会うたびにプレゼントを贈っているのだから言わなくても分かるだろ、なんて男性が思っていたら……。
君のために掃除と洗濯しておいたよ~!と男性が家事を張り切っても、そのせいで一緒に過ごす時間が無くなったと女性が感じていたら……。
相手を想い合っていても、欲しいカタチと与えるカタチがマッチしなければ、すれ違いからストレスになることも。
これら5つの愛情表現は「ラブ・ランゲージ(Love Language)」と呼ばれています。日本語と日本語で、英語と英語で会話するからコミュニケーションが成立するのと同じく、お互いの愛の言語を知ることで、よりよく愛が伝わるというものです。
私が、あの人が、どんな言語(愛情表現)の持ち主なのかを知ることから始めましょう。

付き合い始めのカップルは何をしていてもハッピーかもしれませんが、お付き合いが1年、2年……と経つにつれ、愛の熱量は少なくなってしまうもの。そんな時こそ相手の言語を知っていれば、よい関係を続けられるようになるのではないでしょうか。
また、ラブ・ランゲージは一定ではありません。年齢やライフスタイルの変化に伴って変わっていきます。結婚前と結婚後、出産後、育児中……と、その時々でお互いが望んでいることを理解し合えれば、きっと最強!

遠距離恋愛をしている私は3ヶ月に一度くらいしか会えないので、BとEの「スキンシップの多い、一緒に過ごせる時間」を彼に求めていますが、私が彼にしてあげたいのはCの「贈り物」だったりします。ギフトを選びながら、どんなのが喜ばれるかな、これ美味しいから食べてほしいな、と、彼を想って過ごす時間が楽しい。
たまに声でも聞いてみたいなと電話しますが、Aの「言葉で伝える愛」が欲しいわけではなく、ただ電話で繋がって二人で過ごせることが嬉しいので、しばらく無言でいることも心地よいです。(普段からLINEしているので、話したいことが溜まっているわけでもない。)
将来、私たちが結婚して家事を旦那さんがしてくれたら、Dの「サービス行為」が一番嬉しく感じるようになるのかもしれません。
はて、彼は何を求めているんだろう?今度、聞いておかないと。