元彼と別れた後に、復縁を考えたことがある人は実際のところ結構多いのではないでしょうか。

別れた直後は「絶対にもう連絡なんて取らない!」と思うくらい元彼に対して嫌悪感を強めてしまうものですが、意外とそんなネガティブな思いはそこまで長く続かないものです。

少し時間が経てば、元彼のことが意外と気になってしまい、懐かしく思ったり逆に謝りたい気持ちが強くなったりすることはあります。

だからこそ復縁カップルも、世の中には生まれやすいものです。

しかし……実は復縁カップルは、意外と「うまくいかない」「すぐに別れやすい」といった意見が多いのをご存知でしたでしょうか?もし元彼との復縁を少しでも考えているなら、一度「復縁カップルの実情」を知っておいた方が良いかもしれません。

そこで今回は、復縁カップルが別れやすい理由をご紹介していきます。

復縁したいなら…まずは先に「復縁した後」のことを考えてみよう

復縁する際、元彼とやり直したいという気持ちばかりが先行してしまい、意外と「やり直した後」のことに目を向けられていない人は多いものです。

実際、それはそうですよね。もともと付き合ってきた関係だからこそ、復縁が成功すれば、その後はしっかりやり直せそうなイメージしかないのは普通でしょう。

確かに復縁カップルは、

・お互いのことを既によく知っている
・一度別れを経験しているからこそ簡単に別れない

などの良い点に期待が持てるものです。

しかしそれは、はっきり言ってあくまで期待でしかありません。

実際に復縁は、よりを戻してからが意外と大変で、その後結局すぐ別れてしまうことも多いのです。

元彼との復縁を本当の意味で成功させたいのなら、まずは復縁した後のことに注目してみる必要があります。そのために、復縁カップルが別れやすい原因をまずは理解していきましょう。

結果的に同じ理由で険悪になるカップルは多数

復縁カップルは、最終的に、前に別れたときと同じような理由で険悪な状態になり、結果として別れることになりやすいといいます。

というのも、お互いに別れた原因に対する反省が本当の意味でなされていない場合が多いからです。

実際、ただ寂しいから復縁した、なんとなく懐かしくなったから復縁した、そんな雰囲気だったから流されて復縁した……というカップルは多いものです。

そんなフィーリング任せの復縁では、正直同じ道をたどるのも当然ですよね。

最初のうちは前と同じようにはならないとお互いに思っているものの、結局本当の意味で反省がなされていないのでは、そんな姿勢も長続きしません。

しばらくすれば、また同じように喧嘩やすれ違いの日々を迎えることになり、あまり長続きせず別れてしまうことになる復縁カップルは多いのです。

しっかりと元彼とやり直すことを考えるなら、別れた原因をしっかりと見直すこと、反省すること、自分たちの欠点を改善することが大切になってきます。

気軽に別れを切り出しやすくなっている

復縁カップルは、別れを一度経験しているカップルです。このことは、確かに「一度別れているからこそ別れにくくなる」というプラスの捉え方もできます。

しかし逆に、別れを経験しているからこそ、別れに対して気軽になってしまうというマイナス寄りな考え方もできるのは確かです。そして、実際にそうなる復縁カップルは多いのです。

普通、お互いのことを大切に思うカップルなら、浮気などのよほどのことがない限り別れを切り出したりはしないものです。良い関係を築いているカップルにとって、別れ話ほど禁句なものはありません。

しかし復縁カップルは、一度その禁忌を犯しているカップルといえます。だからこそ、一度あったから今回も…という心理がどこかに生まれやすくなるのは確かです。

そのため、何かちょっとした喧嘩をするたびに「やっぱりやり直すなんて無理だったんだ。別れよう」という話が気軽に出てしまうようになります。そのせいで別れたりくっついたりを繰り返す中途半端なカップルは多く存在します。

復縁に対する姿勢がそれぞれ違う場合も

そもそも、復縁に対する姿勢が、それぞれ違っている可能性があることも原因の一つとして考えられます。

例えば自分自身は、元彼と真摯に向き合ってやり直したいと思っていたとしても、残念ながら元彼は「新しい彼女ができるまでのつなぎ」としか思っていない場合もあります。

そうなると、当然復縁に対する向き合い方にすれ違いが生まれますよね。これでは、関係がうまくいきづらくなるのも頷けますよね。

元彼と復縁して長続きするためには、お互いに真剣にやり直すことと向き合う必要があるのです。自分だけが変わろうとしても、復縁はやはりうまくいきません。

いまいち新鮮味がなく結局つまらないと感じることも

お互いのことをよく知っている復縁カップルは、関係を修復して再びラブラブになるのは早いかもしれません。

しかし、お互いのことをよく知っているということは、悪く捉えれば「新鮮味に欠ける」ということです。独り身の状態からまた恋人ができても、新しい相手と一緒にいられる新鮮さを味わうことはできません。

そのため、最初こそは盛り上がっても、すぐに以前と同じような感じで物足りなさを感じてしまい、結局別れてしまう復縁カップルは多いのです。

特に、早い段階で復縁したカップルは要注意です。すぐに相手に飽きてしまい、結局また別れを切り出すことになりかねません。

復縁を成功させたいなら「別れた原因」の見直しを

復縁の成功を考えるなら、ただつながりを取り戻すことだけを意識するのでは駄目です。

以上のような理由から、復縁カップルは意外と別れてしまうことが多いのです。そのため、特に以前に別れた原因はしっかりと見直す必要があります。

・何がいけなかったのか
・喧嘩したらどう解決していくべきだったのか
・今後自分はどう変わるべきか
・復縁後に特に注意しなければいけないことは何か

などのポイントはよく考えるようにしましょう。

別れの原因となったことの解決がなされていないのでは、結局同じ結果をたどるだけです。

元彼が変化しているかどうかもチェックしよう

自分自身が変わるだけでは、実際のところ復縁はうまくいかないケースも多いです。お伝えしてきたように、元彼に変化がなく、元彼にとって復縁はただの「つなぎ」でしかないのなら、当然二人の思いはすれ違う一方です。

復縁する際は、やはり元彼に変化があるかどうかもよくチェックしておきたいところですね。特に別れた原因のほとんどが元彼にある場合、彼の変化については厳しい姿勢を持つべきです。

もし元彼に反省の色がないままで、寂しさや懐かしさに任せて復縁をしてしまうと、結果的にまた同じ理由で自分を苦しめてしまうことになります。

そもそも復縁する必要はあるのかという点も考えておこう

そもそも復縁するのにあたって、元彼とやり直す必要は本当にあるのかという点も大事なポイントになります。

寂しさや懐かしさ、後悔の念から復縁を考える人は多いですが、冷静に考えてみれば「元彼とあえてやり直す必要はないのではないか」という場合もあります。

ただ寂しさから誰かを求めるなら、元彼に固執してリスクを冒す必要もないはずです。

本当に復縁が必要だと思う強い気持ちがあってこそ、復縁は成功しやすくなる部分があります。一度冷静になって、復縁の必要性について考えてみることも大事なことです。

まとめ

今回は、復縁カップルが別れやすい原因についてご紹介してきました。いかがでしたでしょうか?

復縁を考えている人は、まずなぜ復縁する必要があるのかという点を自分に問いかけつつ、別れた原因としっかり向き合うことを忘れないでくださいね。

単純に寂しさから相手を求めてしまうと、冷静な判断ができなくなり、以前と同じような理由で恋愛に嫌な思いをする可能性は高まってしまいます。