みなさんこんにちは、占星術・星座占いのコラムを書かせていただいています、Minorinoと申します。

今回は、12星座についての12回目で天秤座のことをお伝えします。コラムでは、今まで天秤座については、まるで触れたことがありませんでした。

そのため、天秤座というとその名前から「色々とバランスをとることが上手な星座かな?」など、星座の持つ性質にも関係しているのではと思われるのではないでしょうか。

そこで、天秤座の人の持つ個性を知り、婚活をする上でも参考になることはあるかを、興味深く見ていくことにしましょう。

さらに後半では、2018年はバラエティや情報番組で見ることの多かった、ある天秤座の国際政治学者の女性についてもお伝えします。

天秤座の人について

天秤座の人を言葉で表すと、優雅な雰囲気を醸し出し、自分の持つ理想を大切にしながらも、周りの人とも協調し行動することができる人の星座です。

とてもフレンドリーな性格で、明るく賢い性格の持ち主であることが、占星術の天秤座の持つ個性からも見られます。

占星術で天秤座の人を象徴する色は緑色で、宝石はサファイアやペリドットといった、青や薄緑色のものと関係が深くなります。

緑色に持つイメージは、平和、安定、癒しなどです。そうなると天秤座の人は、山や環境の良い場所や自然が好きで、健康第一で生活しているのでしょうか。

天秤座の人の持つ性格にも色の影響があるなら、バランス感覚に優れたムードメーカーになりそうですが、その個性がとても興味深いですね。

占星術での天秤座の見方は?

天秤座は9月23日~10月23日が誕生日の人の星座です。

天秤座は黄道(こうどう)12星座のうちの1つになり、西洋占星術では「黄道12宮」と呼ばれ、トレミーの48星座のうちの1つでもあります。

占星術での星座(サイン)の呼び名は、天秤宮(てんびんきゅう)になり、ギリシア神話では女神の持ち物である、天秤として存在するようです。

また、天秤座のホロスコープでの位置は、獣帯の黄道180度から120度の間と言われる、時計の針で言えば2時から3時の間の空間となっています。

秋分点と言われる位置になり、黄道12宮が定められた頃の、遠い昔の同時期の空では天秤座が見られていました。しかし、現在の空では乙女座が見られることになるでしょう。

そして天秤座(天秤宮)は「ハウス」の7と関係があり、7ハウスは「結婚、パートナーシップ、契約」などと関係のあるハウスになります。

天秤座の「3つの区分」について♪

天秤座の「エレメント」は、双子座や水瓶座と同じ「風」となり、時代の流れに敏感で情報通な面を持つ、自由を好む性質のグループの星座になります。

そして「3区分」は「活動宮」で、山羊座、蟹座、牡羊座と同じで、四季の始まりと関係のある4つの星座のため、物事を変化させスタートさせることが得意です。

友人に天秤座を始め、3区分が活動宮の人がいれば、かなり強いエネルギーを持ち、引っ張って行動してくれることになるでしょう。

「2区分」はというと「男性宮」になり、エレメントが「火」「風」の2つの星座や牡羊座と同様に、関心を外に向けていく面があり、行動的な性質を持つ星座です。

3つの区分から見える天秤座の個性は、双子座の明るい個性と似ていますが、柔軟宮の双子座よりも、人との距離感を適度に保つ面があるようです。

また支配星の影響ですが、天秤座は牡牛座と同じ「金星」となります。牡牛座と同じように美的センスがありますが、違う点は社交的でより協調性がある面などです。

天秤座のことをさらに深読みしていくと…

まず、12星座の1つになる天秤座は「9月23日~10月23日」に生まれた人の星座です。

暑さも和らいできて過ごしやすくなる時期で、秋の始まりの最初の星座となり、9月23日は秋分の日となります。

夜空の天秤座とされる星座では、天秤の皿や棒を表している部分もあり、元々は天秤座の一部が、蠍座のサソリの持つハサミだったという面白い話もあります。

そして、天秤座の持つ個性になりますが、先の文章で述べたように「天秤」の特徴から見られる、中立的でバランスが良い性質を持っています。

また、イメージカラーが天秤座の場合は「薄い緑」でしたが、緑色の穏やかな平和な状態を好む気持ちが強く、基本的には白黒ハッキリさせるようなことが嫌いです。

金銭感覚も気になるところですが、こちらも天秤のようにバランスがよいことを好みます。貧乏はもちろん嫌いですが、だからといって強欲に金儲けに走ることもしないでしょう。

他の性質では、見せかけではない上品さを持ち、精神的に安定をしていて、上手にコミュニケーションをとり、相手に合わせることが得意なタイプが天秤座の人です。

しかし、自由が好きで束縛が嫌いなので、少々わがままさを感じる人もいるかもしれません。それでも、基本的には人を喜ばせることが好きな、楽しい人となるでしょう。

職業は、天秤座の優雅さや、支配星の金星の美意識を生かして、デザイナーなどのファッション関係の仕事や、中立な立場からアドバイスをする職業などが向いています。

天秤座の人と恋愛をすると…

天秤座の人は支配星が金星であるため、美意識が強いので面食いになり、顔立ちやスタイルが良く、友人や家族にも胸を張って紹介できるような恋人を選びます。

理想が高い天秤座の人なので、美意識はその人が生きてきた人生までを見て、どのような職業なのかや学歴などにもこだわる部分があることでしょう。

そのため、天秤座の人と恋愛をするなら、おしゃれをしたり自分を高めるように努力をする方が、知的なお相手にも満足をしてもらえることになります。

恋愛については、同じエレメントの双子座のように積極的ではなく、水瓶座と同様に控え目なことも特徴で、アピールも派手にするタイプではなさそうです。

感情を表さない方なので、積極的すぎて内心引かれない程度に、自分からアプローチをしていくことも、天秤座の人との恋愛では必要なことです。

品の良い雰囲気を感じる政治学者の女性も天秤座です♪

2018年は、TVのワイドショーやニュース番組で、朗らかな個性や美しい容姿が好まれる、国際政治学者で10月3日生まれの、天秤座の三浦瑠璃さんがよく見られました。

ここでは家庭のことは触れずにおいて、TV番組で視聴者がよく三浦さんを見るということは、仕事において好調であったということですよね。

ホロスコープで天秤座のことを見ると、2018年11月18日までは蠍座に木星が滞在していました。ここは天秤座にとって、お金を意味する位置なので金銭面で幸せが開けました。

三浦さんを見ていると、大変優雅な雰囲気を持ち、美的センスも高そうで、コミュニケーションもお上手な、天秤座の個性を大変強く感じる女性です。

TV番組での発言を見ていると、中立的な天秤座らしい特徴が出ており、広い視野で物事を見てわかりやすく説明され、国際政治学者という職業でも身近に感じられることでしょう。

三浦さんは「上から目線に見える」と批判されることもあるようです。これは、天秤座の人の持つ優雅さや、調和を大事にしようとする部分に対して、そう思われるのかもしれません。

2019年も、仕事の面では身近な存在、つまり視聴者から親しまれる存在としてご活躍されます。天秤座の3月は、ホロスコープの労働を表す位置で、水星が約20日の逆行をします。

この影響で疲れが出たり、仕事上のコミュニケーション面において、水星の影響を受けます。その後は、2019年は家庭を大切にされると、仕事面もより順調に進むことでしょう。

天秤座の人って

天秤座の人が友人にいると、楽しい人でもあり、頼れる存在になるだろうと感じました。

緑色は自然や山などを連想しますが、天秤座には平和や調和という意味での、緑色のイメージを持ちました。

身近な天秤座の人の美的センスに注目をして、色々と話を聞いてみると楽しそうですね。

そんな風に見たことはなくても、意外にコミュニケーション上手で、流行にも敏感な部分が見えてくることでしょう。

血液型ではAB型のような雰囲気を、天秤座の持つ性質から感じましたがいかがですか?

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Parties占いコラム一覧

大人気Parties夢占いコラム一覧はこちら!

占いが付く婚活イベントはこちら!