1月6日の誕生花のうち、マンサク、スミレ(ピンク)、パンジー、カンガルーポーをピックアップして、それぞれの花言葉や開花時期、育て方についてご紹介します。
スターガーネットとアメトリンという、2つの誕生石の産地や歴史、特徴についてもお伝えします。

あなたの婚活を応援してくれる植物やストーンが、きっと見つかりますよ。

誕生花・1:マンサク

花言葉

幸福の再来
感受性が豊か
ひらめき
霊感
魔力
呪文

マンサクの基本データ

マンサク科マンサク属の落葉低木で、「ハマメリス」とも呼ばれます。
マンサクの名は和名で、開花時期が早春であることから、「まず咲く」、「真っ先」が変化してマンサクと呼ばれるようになったといわれます。
そのほかに、豊年満作を祈願してつけられた名であるとの説もあります。
英名は、「Japanese witch hazel」です。
原産地は日本で、近い植物にシナマンサクなどがあります。
花の開花時期は2月~3月で、香りのある花を咲かせます。
花の色は、黄、オレンジ、赤、茶、などです。
野山にいち早く春の訪れを告げる花木として知られ、東北地方では、花がよく咲けば豊作、花が少なければ不作など、稲の作柄を占う植物として用いられた歴史を持ちます。

マンサクの育て方

成長すると樹高が2~3mまで育つため、鉢植えには向かず、庭植えで育てます。
マンサクは、日当たりが良く冬に寒風が防げる場所を選んで、水はけと水もちの良い土を用いて、植え付けを行います。
秋から春にかけては水やりの必要はありませんが、高温になる夏の間は、暑い時間帯を避けて水やりを行います。

誕生花・2:スミレ(ピンク)

花言葉

小さな幸せ
慎み深さ
小さな愛
希望
温順
誠実
純潔
謙虚

スミレ(ピンク)の基本データ

スミレ科スミレ属の多年草で、「マンジュリカ」、「相撲取草(スモウトリクサ)」とも呼ばれます。
スミレは和名で、一説には花の形状が墨壺に似ていることから、スミレの名がついたと言われます。
原産地はヨーロッパや中国東部、朝鮮半島、日本などで、日当たりの良い草地などに自生しています。
開花時期は4月~5月頃で、白、青、紫、ピンクなどの花を咲かせます。
日本では美しい女性の容姿や立居振る舞いをたとえる言葉に、「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」という言葉がありますが、西洋では、理想的な女性をバラ(美)、ユリ(威厳)、スミレ(謙虚と誠実)で表す習慣があります。

スミレ(ピンク )の育て方

鉢植え庭植えどちらでも栽培が可能です。
庭植えでスミレを育てる場合は、日当たりの良い場所を選んで、植え付けを行います。
鉢植えの場合も、基本的に日なたに置き育てますが、日差しの強い夏の間は、明るい半日陰に鉢を移動させることで葉の日焼けを防げます。
鉢植えのスミレには、土の表面が乾いたタイミングでたっぷりと水を与えます。
庭植の場合は、よほどの乾燥が続かない限りは水やりの必要はありません。

誕生花・3:パンジー

花言葉

私を想ってください
誠実な愛
心の平和
思慮深い
純愛
信頼
物思い
忠実
思想
平穏

パンジーの基本データ

スミレ科スミレ属の一年草で、「遊蝶花(ユウチョウカ)」とも呼ばれます。
学名は「Viola」で、これはラテン語で、「紫色」を意味する言葉です。
パンジーの名は、フランス語で、「思想」を意味する「pensée」に由来します。
原産地はヨーロッパで、各地で自生する野生種を見ることができます。
日本には、江戸期にオランダから渡来しました。
開花時期は10月~5月です。
花の色は、白、ピンク、赤、紫、青、茶、黒、オレンジ、黄、の単色の他に複色のパンジーもあります。

パンジーの育て方

鉢植え庭植えどちらでも栽培が可能です。
庭植えでバンジーを育てる場合は、日当たりと風通しの良い場所を選んで、植え付けを行います。
鉢植えの場合は、水はけの良い土を用いて栽培します。
鉢植えのパンジーには、土の表面が乾いたタイミングで、鉢底から水が流れるくらいに十分に水を与えます。
庭植の場合は、植え付け直後に与えるほかは、水やりの必要はありません。

誕生花・4:カンガルーポー

花言葉

不思議
分別
可能性
驚き

カンガルーポーの基本データ

ヘモドラム科アニゴザントス属の常緑多年草で、「キャッツポー」とも呼ばれます。
カンガルーポーの名は、その花形がカンガルーの前脚に似ていることに由来します。
原産地はオーストラリア南西部で、11の原種が自生します。日本には昭和期にニュージーランドを経由して渡来しました。
開花時期は4月~6月です。
花の色は、白、赤、オレンジ、黄、緑、などがあります。
カンガルーポーの花は、何輪もが連なった形で咲き、横向きに片寄った独特な開き方をします。
この花には、切り花の他にフラワーアレンジメントの用途があります。

カンガルーポーの育て方

カンガルーポーは、日本の冬の寒さや夏の多湿に耐性のない植物です。
そのため、日本で栽培する場合は、ハウス栽培で育てます。
暖かく乾燥した気候を好むため、梅雨から夏にかけては雨や多湿を避け、秋から冬の間は寒さ対策をする必要があります。
春の開花時期には水をたっぷりと与えます。梅雨以降は土が多湿にならないように乾かし気味で管理します。

誕生石・1:スターガーネット

石言葉

聖なる行い
おしゃれ好き
上品
エレガント
気さく
実行力

スターガーネットの主な産出国

タンザニア
ナンビア
マダガスカル
ケニア
マリ
スリランカ
ナイジェリア
インド
モザンビーク
ロシア

スターガーネットの歴史と特徴

アルマンディンガーネットの中にルチルやアンフィボールが含まれることによって星彩効果が現れたものを、スターガーネットと呼びます。
和名は、「鉄礬柘榴石(テツバンザクロイシ)」です。
このスターガーネットには良縁を引き寄せる力があります。
また、パートナーとの関係を発展させる石でもあります。
スターガーネットの色は、赤にガラス光沢が見られます。

誕生石・2:アメトリン

石言葉

創造性
統合
知性

主な産出国

ボリビアのアナイ鉱山のみで産出される

アメトリン

アメトリンは、アメジストが熱によってシトリンに変化する過程で生まれる石です。
そのため、アメジストの紫とシトリンの黄色、両方の色がひとつの石に含まれます。
和名は、「紫黄水晶(シオウスイショウ)」です。
アメトリンは陰と陽のバランスが良い石で、持ち主をベストなバランスに整える力を持ちます。
アメトリンの色は、淡い紫に黄色が含まれます。

まとめ

野に咲くスミレや花壇を彩るパンジーは、身近な植物です。
婚活イベントに向かう道の途中で、見つけることができるかもしれませんね。
スターガーネットとアメトリンは、どちらも希少性が高いストーンです。
もし、運よく手にすることがあれば、あなたの恋愛を強力にサポートしてくれるでしょう。

1月6日に生まれたあなたの婚活が、上手くいくことを願っています。

 

Parties占いコラム一覧

大人気Parties夢占いコラム一覧はこちら!

占いが付く婚活イベントはこちら!