あなたは過去に、遠距離恋愛を経験したことはありますか?
会いたい時にすぐに会えない・・甘えたくても声を直接聞くことができない。

遠く離れている分、相手の様子ばかりが気になって浮気も疑ってしまったり。そんな、不安や心配で押し潰されそうになる遠距離恋愛には、お互いの協力が必要不可欠ですよね。

いいな!と感じたお見合い相手が実は、遠くに住んでいると知ったらどうしましょう!遠距離で仲を深めて上手くいくのか気になりますよね?どんなことに気を付けるべきか、見ていきましょう。

距離は気にしない?

お見合いをする前の段階で、当然ですが相手の住まいがどこかをまず最初にチェックすべきでしょう。過去の苦い経験などがあれば尚更チェックすべき項目です。

まず、自分がこれからするお見合いに対して、何を最優先するかも判断基準になります。
一刻も早く結婚したいのか、良い相手がいれば時間を掛けてじっくりと仲を深めてから結婚に漕ぎつけたいのか・・。

その時、障害として立ちはだかるであろう「遠距離」という壁は全く関係ないと言うに値するのか。遠距離が原因で、せっかくのチャンスを台無しにしてしまう可能性もあるのです。

「この人となら、距離なんて関係ない!その壁を乗り越えて結婚する」という意気込みがないと、貴重な出会いを生かせないかもしれず、無駄な時間を過ごすハメになりかねませんよね。
しかしお見合いであれば、上手く行けば遠距離だろうと何だろうと、トントン拍子に結婚へと繋がる可能性も高いのです。

先の不確かな恋愛とは違う?

ただの彼氏彼女の関係を維持するのは、遠距離じゃなくても難しいものです。いずれ結婚しようって話はでたことがあっても・・・きちんと婚約でもしない限り、口約束だけなら関係を解消するのは容易です。

でもお見合いで知り合った関係であれば、結婚を当然意識した考え方が出来るので、相手をきちんと見つめた関係を築けるでしょう。明確な目標が定められているので、離れていてもお互いの気持ちが同じ方向を向いていれば問題ないという自信が得られそうです。

お互いの協力が大切

遠距離でコミュニケーションを取る手段は、メールもしくは電話が必須ですよね。でも、つい距離のある相手だと、次第にメールを送ったり返したりする頻度が落ちやすくなります。

適度に会える相手だと、きちんと連絡を取り合う気持ちにもなるでしょう。ですが「会わない時間がお互いの気持ちを冷ましてしまう」なんて言葉が、遠距離恋愛を維持する上で現実に起きるのです。

どちらか一方が常に会いに行くという状態では、絶対に限界が訪れます。交互に会いに行くとか、お互いの中間地点で会うなど、「直接会う」ことを続けるのが重要です。

また、遠距離だと会う際に圧倒的に問題となるのが「交通費の圧迫」です。場合によっては、月に数万円もの大金が掛かってしまうケースも珍しくありません。その金額故に「最初は頑張っていたけどやっぱり現実的に出費が大きすぎて会う回数を減らすしかない」と苦渋の決断をするカップルもいるのです。

会えない時は、お互いに相手を思いやり連絡を取り合う。必ずどちらかからだけという一方通行的な状態は避けましょう。

いずれ住む場所

遠距離だから、もし結婚することになったら相手のところに引っ越すのか・・。当然、結婚となれば自然とそんな考えが浮かびますよね?でもよく考えてください。

今の自分の仕事・・退職する覚悟はできていますか?
知り合いのいない、頼れる存在が他にいない新天地に行く気持ちは整えられますか?

結局は、どちらかが相手の元に寄り添う形での結婚生活がスタートします。そうなったら、人によっては相当なストレスを抱える状態になるかもしれません。様々な状況を、今一度想像してみるのも大切です。
ですが新しい土地で、心機一転人生のスタートを切りたい方には、絶好のチャンスとも言えそうですね。

一方で「別居婚でもいいんじゃないかな?」というカップルもいるでしょう。
今の自分が、どうしても捨てられないもの・・「仕事」でしょうね。重要なポジションを任されることになってるとか、今の仕事が楽しいから退職する気持ちには毛頭なれない・・なんて場合もあるでしょう。

でも相手の事は好きだし、結婚したいとなれば、どちらかを切り捨てるという選択肢しかないように思われますが、別居婚を選択するという手段もありますよ。

新婚早々、別居婚・・。少し寂しい気もしますが、仕事も大好きな人との結婚も失いたくない方なら、とても重要な選択肢になりそうですよね。

相手をどれだけ信頼できるか

離れているなら、当然相手の行動すべてを把握するのは難しいですよね?もちろん、近くにいても相手の全てを知る事は難しいですが・・。

距離がある分、突然相手が尋ねてくるというリスクは少ないでしょう。それ故に「離れているから、ちょっと合コンに行ってもバレない!」こんな気持ちが生じやすくなるのです。

異性と飲みに行ったり、食事に行くこと。これを浮気と呼ぶかどうかはその人の判断基準によって違いますが、こうした行動に対して後ろめたい気持ちが少ない人もいるのです。離れていれば、適当に「今日は残業で・・」とかメールを送っておけばバレる心配も少ないと思っている人も中にはいます。

大切に思う相手がいれば、そんな風に軽率な行動に出ることはないでしょう。でも、そばにいない分、相手が自分の予期せぬ行動を取っているかもしれない可能性は否定できません。特に、独身ともなれば、十分にあり得ます。
ちょっとしたことでも、相手の行動をどれだけ許せるか・・これは遠距離で付き合うには欠かせません。

生活スタイルが分かりにくい

相手が普段、いつ寝て起きているかとか、家事をどんな風にしているかなんてわかりにくいですよね。毎日外食続きで、自炊は全然しない!だから部屋中、コンビニ弁当のパックが大量に置かれていたり・・。洗濯は面倒だから、全部クリーニングに出してるなんてこともあり得ます。

そうなると、当然出費は嵩むので実は超浪費家だったとしても、頻繁に会えない分気づきにくいケースも十分に考えられます。知らない事が多すぎる相手との結婚は、当然上手く行かないかもしれません。予め、こうした生活スタイルに関して探りを入れておくのは、とっても重要でしょう。

また、たまに会うくらいでは気づかなかった、相手の「クセ」にも着目しておきましょう。例えば、ゴミはゴミ箱に捨てずにテーブルの上に置きっぱなしとか、テレビはつけっぱなしにしないと眠れないとか・・。相手にとってはなんてことない事でも、他人からすると気になって仕方ない事って結構ありますよね。

お見合いで出会った相手と結婚したい!でも、まさかの遠距離・・。結婚する上で相手の事を沢山知っておきたいけど、会う日程も限られると大変・・。

貴重な休日を使って、お互いの元を行き来する体力とお金の心配もつきものです。当然、自分だけじゃなく、おい互いに相手を思いやる気持ちがないと、なかなか付き合いを継続するのは大変そうですね。でも、そんなことも気にならない程、相手を心底必要とする気持ちがあれば、きっと乗り越えられるでしょう。

遠距離ということで、お互いに会う時は暫く緊張もするでしょうね。結婚しても当分は、くすぐったいような初々しさでいっぱいの甘い生活が送れるかもしれないですよ!