2001年にアニメ化し、大ヒットを記録した高屋奈月さん原作の「フルーツバスケット」(1998年〜2006年/白泉社)。原作は全23巻に及び、愛蔵版も発売され、今でも多くの人に愛され続けている作品です。その「フルーツバスケット」が2019年に再アニメ化。しかも全エピソードがアニメ化されるという朗報が入ってきました。前回のアニメを観ていた人も、見逃していたという人もとても楽しみですよね。今回は、そんな「フルーツバスケット」の簡単なあらすじと、魅力的なキャラクターをご紹介したいと思います。どうぞ、最後までお付き合いください。

「フルーツバスケット」あらすじ

主人公・本田透は、とある事情でテントでひとり暮らしをする女子高生。ある日、テントを張っていた山が、同じクラスの草摩由希の一族「草摩家」所有の敷地内だと判明すると同時に、高熱のため、由希の家に運ばれる。それが縁で、透は由希の家にやっかいになることになる。そして、草摩家の人々は、いにしえより「十二支」の物の怪に憑かれており、異性に抱きつかれたり、身体的に弱ったりすると十二支の物の怪に姿が変化してしまうという呪われた運命を背負っていた。透は、草摩家の人々と深く関わっていくことで、彼らの痛みや悲しみを知ろうとする。

草摩家の人々

草摩 慊人(そうま あきと)

草摩家の現当主。草摩一族にとって、絶対的な存在である。
「十二支」たちにとっては「神様」的存在であり、「血の呪いで結ばれた絆の主」であるため精神的に逆らうことができない存在である。

草摩 楝(そうま れん)

慊人の実の母親だが、慊人のことを憎んでいる。心身を患っており、十二支の絆を否定して、物の怪憑きの人物を利用することもある。草摩家の権限はすべて慊人が握っているが、楝派と呼ばれる人々を従えて何かを企んでいる。

草摩 由希(そうま ゆき)

透のクラスメイトで、鼠(子)の物の怪が憑いている。十二支の頂点であり、神に一番近い特別な存在とされている。眉目秀麗、成績優秀、文武両道なため、学校では、「プリンス・ユキ」というファンクラブまでつくられるほど全校生徒の憧れの存在だが、趣味は意外にも家庭菜園である。ニックネームは、王子、ゆんちゃん、ゆんゆん。

草摩 夾(そうま きょう)

由希と透と同居することになり、後に透たちのクラスに転校してくる。十二支たちの心の慰めものとしてつくられた猫の物の怪が憑いている。幼い頃から由希のことを敵視しており、ことあるごとに喧嘩をふっかけている。趣味は、格闘技。ニックネームは、キョン、きょんきょん、きょんちゃん、キョン吉。訳あって、養父に育てられた。

草摩 紫呉(そうま しぐれ)

由希の従兄で、透たちが居候する家の主人で、彼らの保護者的存在でもある。犬(戌)の物の怪が憑いている。小説家であり、純文学作品を多数執筆していて、「きりたにのあ」など多数のペンネームを持っている。小説家らしいという理由で、普段は着物の着流し姿。年長者として真面目な言動で透たちを諭すこともあるが、ふざけた言動をとることが圧倒的に多い。透たちより10才年上。ニックネームは、しーちゃん、ぐれさん、ぐれ兄、先生。

草摩 楽羅(そうま かぐら)

夾に熱烈LOVEで、猪(亥)の物の怪の憑き。乙女チックで夢見がちな少女だが、興奮すると、猪らしく猪突猛進タイプで手がつけられない乱暴な性格になる。透たちより2歳年上。

草摩 紅葉(そうま もみじ)

日本人の父とドイツ人の母を持つハーフで、透たちよりひとつ年下なだけだが、かなり幼い容姿をしていて、初対面時、透は小学生くらいだと思っていた。兎(卯)の物の怪憑き。趣味は、バイオリン。幼い頃、物の怪憑きの紅葉を生んだことで心を病んでしまった母親の記憶を消された経験からか、幼い外見に対して、中身は非常に大人である。ニックネームは、もみっち。

草摩 はとり(そうま はとり)

草摩家専属の主治医であり、「記憶の隠蔽術」をもっている。自身も、龍(辰)の物の怪憑きである。他の物の怪憑きとは違い、タツノオトシゴに変身してしまうことがコンプレックスである。透たちより10才年上。過去の事件がきっかけで、左目はほとんど見えていない。ニックネームは、はーさん、とりさん、ハリィ。

草摩 潑春(そうま はつはる)

牛(丑)の物の怪憑き。周囲の大人たちに鼠に一番乗りを奪われた間抜けな牛と言われ続け、卑屈でキレやすい性格で、彼がぶちぎれて手に負えない状態の時のことを「ブラック春」と表現する。しかし鼠憑きの由希には優しい。また、マイペースで、極度の方向音痴である。幼い頃より、同じ物の怪憑きの依鈴に恋心を抱いている。紅葉と同じ歳で、透たちのひとつ年下だが、紅葉と違い大人っぽい雰囲気をしている。ニックネームは、春、はーくん。

草摩 綾女(そうま あやめ)

由希の実兄で、蛇(巳)の物の怪憑き。怪しげな服飾店「あやめ」を営んでいる。弟の由希のことを常に気にしているが、常に高いテンションと、騒がしさがあり、自分本位な王様気質で近づいてくる綾女に、由希はその度に困惑している。透たちの10才年上で、高校時代は生徒会長を務めていた。紫呉と、はとりとは「マブダチトリオ」である。ニックネームは、あーや、アヤ、綾兄。

草摩 杞紗(そうま きさ)

虎(寅)の物の怪憑き。透たちの4歳年下。物の怪憑き特有の髪の色と瞳の色で、中学校でいじめにあい、一時的に声が出なくなってしまう。自身もいじめにあっていた経験から杞紗の気持ちを理解してくれた透のおかげで、学校に通う勇気を得る。紫呉・はとり・綾女のことを「おじちゃん」と呼ぶ。ニックネームは、さっちゃん。

草摩 燈路(そうま ひろ)

羊(未)の物の怪憑き。十二支の中で一番年下ではあるが、口達者の毒舌家で生意気。何かと他人に突っかかる性格をしている。ボキャブラリーが豊富で、透を時々混乱させることも。物の怪憑きのなかでは、理解のある両親に恵まれている。杞紗のことが気になっている。ニックネームは、ひー君。

草摩 律(そうま りつ)

猿(申)の物の怪憑き。私立大学に通う、女性的な容姿の男性。何かあると、すぐに自己嫌悪に陥り、自分が悪いと思い込む激しい性格をしている。劣等感の塊のような人物。透たちより、4歳年上。実家は温泉宿を営んでおり、誰に対しても低姿勢な性格は、母親譲りだと思われる。普段から振袖で女装をしている理由は、その方が落ち着くから。ニックネームは、りっちゃん、りっちゃんさん。

草摩 依鈴(そうま いすず)

馬(午)の物の怪憑き。容姿端麗で、妖艶な美少女。透たちよち、1歳年上。幼い頃、「家庭」に対して、辛い過去を経験していた。訳あって、楽羅の家に身を寄せているが、入退院を繰り返している。人を遠ざけようとするところがある。ニックネームは、リン。

草摩 紅野(そうま くれの)

鶏(酉)の物の怪憑き。透たちより、9歳年上。草摩家当主である慊人の仕事の補佐役。ある出来事がきっかけとなり、十二支のなかで、慊人の一番のお気に入りである。慊人の許可なく草摩の外に出ることが無かったため、26歳までコンビニで買い物すらしたことがなかった。とある理由から、紫呉から嫌悪されているが、幼い頃は紫呉のことを慕っていたため今でも紫呉のことを「兄さん」と呼ぶ。

さて、これから始まるアニメやこれから原作を読む人のために、ネタばれしない程度の簡単な紹介にさせて頂きました。興味のある方、是非「フルーツバスケット」注目してみてください!
最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

漫画好きが集まる婚活イベントはこちら!

アニメ好きが集まる婚活イベントはこちら!