こんにちは、chichammmです。
今回頂いたお悩みは、「婚活パーティーでカップリングした女性と4回デートをしました。その女性とお付き合いをしたいと考えているのですが、5回目のデートで告白をするのは早いでしょうか?女性的には、もっと時間をかけたほうがよいのでしょうか。」というお悩みでした。

まずは、婚活パーティーでのカップリングおめでとうございます!
きっと将来を見据えられるステキな女性と出会うことができたのでしょう!

カップリング後のデートでの告白のタイミングは、人によって認識が違うことなので、とても悩んでしまいますよね。

今回は、カップリング後の告白のタイミングに対する世間の声を調査してきましたのでぜひ一緒に考えていきましょう!

何回目のデートで告白をすべき?

カップリング後の告白は、何回目のデートですべき?という質問への女性たちの回答で最も多かったのは、「3回目のデートがベスト」という意見でした。

職場や友達の紹介というような、日常の中での出会いではなく「婚活パーティーの場」という”結婚を考えている者同士の出会いの場”で出会ったということが最大のミソですね。

婚活パーティーですと、プロフィールカードありきの出会いですから、初対面のときから相手の職業や年収、そして休日や趣味といった条件はわかっていることです。

ですから、あとはもうフィーリングではないでしょうか。

”条件はいいんだけど、この人となんか噛み合わない…”とか”なんか一緒にいても面白みがないんだよね”と感じる相手と何回デートを重ねても、お付き合いをするとなると厳しくないですか?

3回くらいデートをすると、”将来を見据えられる相手かどうか”ということって、大体掴めますよね。

中には、「婚活の場で出会ったんだし、こっちもいいなと思っている男性なら1回目のデートでも告白OK!」という意見も2割程ありました。

もっと時間をかけて相手を知りたい場合はどうしたらいいの?

婚活パーティーやお見合いといったように、”結婚の意思がある男女”の出会いではモタモタなんてしていられませんよね。

この人はないな、と思うのであればお互いにさっさと次にいくのがベストではないでしょうか。

ですが中には、「結婚相手を決めるのだから、相手をきちんと知ってからじゃないと!」という慎重な女性もいます。
もしもデートをしているときや、lineやメールでのやりとりの中で、そういう発言があったり雰囲気がある場合には、ちゃんとお相手のペースに合わせることが大切です。

もちろんあなたが「この女性とぜひお付き合いしたい」と思ってる場合なら、ですが!
もしもあなたが好意を寄せている女性が慎重派タイプなら、3~4回目のデートの帰り際で「どれくらい相手のことを知ってから告白されるのが理想ですか?」と聞いてみましょう。

こう聞くことで、「あ、もしかしたらこの人、私に告白する意思があるのかも」と思わせることができます。

慎重派タイプの女性が警戒しているときに、「俺、近々告白するんで!」というプレッシャーをバリバリに与えるのは逆効果です。
ですから、”お付き合いをしたいほど好意を抱いていますよ”ということだけを伝えましょう。

女性が憧れる告白のシチュエーションとは?

婚活パーティーで出会った女性が憧れる告白のシチュエーションには、どのようなものがあるのでしょうか。

婚活をする年齢となれば、男女共に20代後半~30代後半、または40代前半というように”良い年齢の大人”ですよね。

しかも、婚活パーティーに参加する女性は、自分の将来のことをしっかりと考えて行動する現実的な女性が多い傾向にあります。

ですから、学生の頃や20代半ばまでのキャピキャピした恋愛よりも、穏やかで安定した恋愛を好む女性が多いのです。

そんな成熟した考えの女性たちですから、告白のシチュエーションも”堅実”なものを好む傾向にあるようです。

若い頃に一度は憧れた”高級レストランでのディナーの後、夜景を見ながら告白”…。
私ならころっといっちゃうようなシチュエーションですが、一筋縄でいかないのが堅実な女性たち。

もちろんあなたに素晴らしい経済力があって、普段のデートでもこんなセレブなデートができるなら良いのです。
ですが、一般的な収入の男性にこう頑張られると、その場では嬉しい!と気持ちが盛り上がっても、1人家路につき冷静になったときに、「……………見栄っ張り。」そう思ってしまうのです。

いいなぁと思ってたのに見栄っ張りタイプの男性だったのかぁ…、結婚後の生活も思いやられるかもなぁぁ…、どうしよう!
と、せっかく”いいな”と感じていた気持ちに迷いが生じてしまうでしょう。

ですから婚活女性への告白のシチュエーションは、豪華で煌びやかな食事の後なんかよりも、2人で温かで穏やかなデートをしている最中に気持ちを伝えるほうをおすすめします。

婚活女性が言われたい告白の言葉とは?

婚活女性が理想とする告白の言葉は、いかに幸せな結婚生活を思い描かせてくれるのか、ということがポイントになります。

告白のシチュエーション同様、婚活女性は先を見据えることに長けた人種なのです。

ですからただ単に、「好きです!あなたのこうこうこういうところが大好きなんです!」と愛をつらつらと述べるよりも、自分と結婚したらこんな感じの結婚生活が待ってるよ、ということを示してくれる方が良いのです。

たとえば、夕日が沈みかけた海辺で明後日の方向を見ながら、「あなたの隣は落ち着くなぁ。〇〇さんとなら、穏やかながら幸せな将来を歩めると思うんだ。」とはにかんだあとに、女性の目を真剣な眼差しで見据え、「俺とお付き合いしてもらえませんか。」と、キメましょう。

あ、古い?くさい?

告白なんて少しくさいくらいがちょうどいいんです!!

ここでポイントなのが、直接的に”結婚後の生活”を思い描かせるのではなく、間接的に”結婚後の生活を思い描かせる”ことが重要です。

たとえばさっきのセリフ、”将来”のところを”結婚生活”に直して発言するとしたら、「あなたとなら、穏やかながら幸せな結婚生活が送れそうだなぁ……、俺と付き合ってもらえませんか。(キメ顔)」

おっもーーーーい!!!となりませんか?
いやいやいや!まだ付き合ってもないのにいきなり結婚て、重…っっ(汗)っていうのが本音でしょう。

ですから、あえて”結婚”という言葉を”将来”に置きかえて愛を告げましょう。

相手が婚活女性の場合は短期決戦がカギを握る!

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。
今回は”婚活後のデート”についてお話させていただきました。

あなたの恋のお相手が婚活女性だった場合は、お相手が慎重派タイプの女性でないかぎり”早期決戦”がカギを握ります。

お互いに婚活をしているのですから、少なからず結婚に対して焦りを感じています。
ですから、あなたと並行してデートをしている他の男性だっているでしょう。

お相手の様子ばかりを見ていると、タイミングを逃すことだってあります。
タイミングを計ってウダウダしていると、他の男性にあっさりと持ってかれちゃうことだって有り得るのです。

お互いに”恋愛”を意識し合えるような雰囲気を出すことが大前提で、気が熟したそのときには、思い切って告白をしてみると良いでしょう。

もしも振られてしまったってあなたならきっと大丈夫!
”この人とは縁がなかったんだ”と割り切り、さっさと気持ちを切り替えて”本当の運命の女性”を探しに行きましょう!

婚活をすると決めたなら、とにもかくにも”切り替え”が大切。
あなたが素敵な女性と相思相愛になれることを心より祈っています!