あなたは今、どんな恋愛をしていますか?

大好きな家族やお友達が安心して見守ってくれる相手との恋愛でしょうか。
それとも「あいつはやめとけ」と、恋の続行を止められてしまうような恋愛でしょうか?

愛する人と、周りの人たちの間でもがくのは、かなり辛いことですよね。
筆者もその経験があるので、このどうしようもない気持ち、本当によく分かります。

今回は、”周りの人たちからお付き合いを反対されている。でもどうしても別れるなんてできない…。”そんなお悩みを抱えている女性に対して、書いていきたいと思います。

周囲から反対される原因をきちんと考える

なぜ今の彼は、あなたの大切な人たちに「あなたのパートナーとしてふさわしくない」と思われてしまっているのでしょうか。

この部分の原因を探ることはとっても大切。

彼を取り巻く環境やライフスタイルを見て、「あの人との付き合いはやめたほうがいい」と言っているのでしょうか。

それとも、過去にあなたを深く傷つける行為を彼がしてしまったのでしょうか。

あなたのお友達や家族は、あなたのことをとても心配しているのでしょう。
本来なら周りの人たちだって、大好きなあなたの恋を応援してあげたいはず。

それでも、彼と付き合っていることで見せるあなたの辛そうな表情や、受けたダメージの重さから「あなたを守ってあげたい」と考えてくれているのです。

ですから、耳の痛い言葉でも決して耳を塞がないでくださいね。
あなたへの忠告は、あなたへの確かな”愛”なのですから。

冷静になることが大切

恋愛で立ち止まらざるを得なくなってしまったときに、一番大切なのが”冷静になること”です。

お友達や家族に反対されてしまうと、「彼との恋愛をきちんと考え決断しなければならない」という考えの反面、「彼しかいない…」という気持ちも同じように強くなってしまうのです。

あなたにとって、彼もお友達も家族も、みんなみんな大好きな人たちなのですよね。
あなたは今、きっと”みんなに納得してもらいたい”この気持ちが一番大きいのではないでしょうか。

そして”私は本当に彼で大丈夫なのだろうか。信じても大丈夫なのだろうか”そんな迷いの中で途方に暮れているのではないでしょうか。
彼に対して”迷い”があるのならあなたは今、冷静になることができます。
恋愛とは周りが見えなくなってしまうもの。

周りの”反対する理由”、そして”あなた自身が彼に対して抱いている迷い”をきちんと見つめなおしてみましょう。

相手の言葉と態度をしっかり観察する

”彼のことを誰よりも知っているのは私”そう思ってはいませんか?
…残念ながら、答えはNOです。

彼のことを誰よりもよく知っているのは彼本人だけ、なのです。
あなたに見せる表情や仕草、言葉は彼の意識次第でどうにでもなるということを忘れないでください。

彼の言葉を鵜呑みにするのではなく、いざというときの彼の行動に注目しましょう。

たとえば、現状をしっかり彼と話し合い、あなたの友達や家族からお付き合いを反対されていることや自分の気持ちを伝え、彼の考えをしっかり聞き出しましょう。

そのときに、きちんとあなたと向き合ってくれるかどうか。
彼の気持ちではなく、あなたの気持ちを最優先に考えてくれるかどうか。

いざというときの咄嗟の行動は、その人の内面や本音の部分を露骨なまでに表してくれます。
ここで、あなたの気持ちをおかまいなしに、逆ギレしたりあなたに冷たい態度を見せるのなら、それこそ彼の本性、”彼はそういう人”だということです。

あなたがピンチに陥ったとき、手を差し伸べてくれるのではなく、あなたの手を振り払うような人と一生一緒にいられますか?

あなたが助けてほしいときに、ちゃんと助けてくれる人と愛し愛される恋愛のほうが、きっと幸せになれるのではないでしょうか。

あなたが困ったときに、その問題についてしっかり向き合い、誠意を見せてくれる彼なら信じてみるのも良いでしょう。

「人は変われない」と言いますが、彼にとってあなたを失うことが一大事であれば、きっと変わろうと努力をしてくれるはずです。
彼の言葉ではなく、彼の行動や態度を注意深く見るようにしましょう。

それでも相手と一緒にいたいのか自分に問う

頭では、”彼から離れたほうが良い”とわかっていても、どうしても心が彼を求めてしまう…、それが恋愛なんですよね。

恋は理屈ではどうしようもできないことなのです。
自分でコントロールできれば苦しみもありませんが、自分の理性を制御できないくらいに愛してしまうのが、恋愛なのです。

お友達や家族も大事。でも、彼のことも大事。
その気持ち、本当に辛いですよね。

お友達や家族の心配する声、反対する理由をきちんと聞き入れ、自分の気持ちを見つめ直し、それでも彼と一緒にいたいのかを自分自身に問うてみましょう。

人の幸せも十人十色です。
周りの人たちが、「なんであんな男と付き合ってるの?」と疑問に思うような彼だって、あなたが彼といることで幸せを感じられるのなら、それがあなたの幸せなのです。

こればかりは、他の人の意見なんて聞いていられません。
たとえば、彼がこの先も変わらず、あなたが一生苦労をするような恋愛だって、あなたが「彼じゃなきゃダメ」と思うほど彼のことを愛してしまったのなら、苦労の人生だって”あなたが選んだ道”です。

この先の苦労を、彼のせいにしないという覚悟を持って、彼の側に居ることも立派な”愛”ではないでしょうか。

他の男性にも目を向けてみる

あなたが彼に対して疑問を抱いているとき、”本当に彼でいいのか”と考える日もあるでしょう。
”どうしても彼じゃなきゃダメ”なんて、あなたはそう自分で思い込んでいるだけかもしれません。

付き合いが長ければ長いほどに、彼があなたの生活の一部になっていて一種の洗脳状態に陥っているかもしれないからです。

ですから、彼以外の男性に目を向けてみるということもおすすめです。
たとえば、軽いお食事に行ったりグループで遊びに出かけたり、浮気のボーダーは人それぞれですが、これはもう自分を守るための手段だと思って割り切ることも大切です。

他の男性にも目を向けて、いろんな男性を見ることで、自分にとっての”彼の存在の重要度”が見えてきます。

他の男性と一緒に居ても、彼のことばかりを考えて苦痛に思ってしまうようなら、あなたはとことん彼に惚れ込んでしまっていますし、逆に他の男性と過ごしている間は彼のことなんて思い出さずに笑えていたのなら、あなたはただ寂しくて彼から離れられないのかもしれません。

ですが嫉妬深い彼だったり、このことが彼にバレて修羅場になることも十分ありえますので、あなたが彼と離れるつもりが無いという場合にはおすすめできません。

自分の限界まで付き合ってみる

いかがだったでしょうか。
周りの人たちに祝福してもらえない恋愛は、あなたが想像している以上に大変です。

デート中も、ばったり知り合いに出くわさないかという心配を抱き、結婚式もできないかもしれない、子どもができても心からおめでとうとは言ってもらえないかもしれない。

あなたが困ったとき、彼以外に頼る人がいない状況に陥るかもしれません。
それでもあなたが彼の側にいたいという気持ちがあるなら、とことん付き合ってみても良いと思います。

もしも、周りの意見に押されて泣く泣く別れを選んでしまったら、それもあなたの消えない”後悔”や”タラレバ”になるでしょう。

結局のところ、人は自分のキャパやボーダーラインを超えない限り、やめられない生き物なのです。
あなたがそれでも”彼と一緒にいたい”と思っている内は、彼の”問題部分”があなたの限界を超えていないという証。

もしもいつか彼のことで限界がおとずれたときは、あなたの中で「もう無理だ」と思うときがくるでしょう。

自分の中で「もう無理」と思えたのなら、苦しまずにスッと彼から身を引くことができます。
ですから、自分の限界までとことん彼と一緒にいるべきだと思います。

でも、女性は心だけではなく体にも傷を負うということを忘れないでいてください。
周りの人たちに反対されるような彼と一緒にいるなら、常に「自分の心身を守る」ということを一番に考えなければいけません。
あなたが心から幸せだと笑える日がくるように、心より祈っています。