みなさんこんにちは、占星術・星座占いのコラムを書かせていただいています、Minorinoと申します。

早速ですが今回は、ミステリアスで危険な生き物である蠍(サソリ)が星座名になった、蠍座についてその性質を探ってみたいと思います。

ところで沖縄には怖いイメージではなく、見た目はとても可愛く見える、でも触ってみたいと思って触れると毒針で刺されてしまう、そんなサソリがいるそうです。

蠍座については以前にタレントで女性人気も高い、小倉優子さんがそうであるとお伝えしましたが、そのイメージは蠍座の性質を強く象徴しているのでしょうか?

2018年ももう終わりそうかなというところで、蠍座の有名人の方の話題が、メディアでもよく取り上げられるようになりました。

後半ではそのおひとりで、2018年にご結婚されとても幸せそうな、ある紅白歌合戦の初出場歌手の奥様である、タレントさんのことについてお伝えします。

以前からの蠍座の人のお話の続き…

以前にお伝えした蠍座の性格は「優しく素直で控えめな性格、冷酷な面はあり嫉妬心が強め」といった、少しクセのある人かなというイメージでした。

また恋愛面では「愛情深く一途で信頼できる人、頑固な面があったり、恥ずかしがり屋の部分も持つ」という、とても素直な人間らしさを感じる星座でした。

その際は小倉さんのこともお伝えしましたが、血液型がB型なので楽天家で好奇心が強く、こだわりも強いが思いつめないタイプなので、蠍座の個性は弱まりそうです。

例えば「さそり座の女」という歌が流行りましたが、これは「執念深く一人の人を命がけで追いかけ、私を傷つけたあなたを地獄の底まで許さない」という少々怖い歌でした。

歌のイメージが大きいのか、または毒針を持つサソリのイメージが強いのか、蠍座はクセを感じる星座ですが、それだけに興味深く星座の性質を見られそうですね。

占星術での蠍座の見方とは

蠍座は10月24日~11月22日が誕生日の人の星座です。

蠍座は黄道(こうどう)12星座の1つとなり、西洋占星術においては「黄道12宮」と呼ばれ、トレミーの48星座の1つです。

占星術の星座(サイン)での呼び名は、天蝎宮(てんかつきゅう)となり、神話ではオリオン座に関係する狩人を殺した、宿敵のサソリとなる興味深い話もあります。

ホロスコープでの蠍座(天蝎宮)の位置は、牡羊座(白羊宮)から数えて8番目となり、時計の位置で言うと1時から2時の枠となります。

黄道12宮が定められたバビロニ時代と現在の空では、地球の歳差運動の影響で違いが出ており、同時期の空では蠍座に代わり天秤座が見られることでしょう。

蠍座(天蝎宮)は「8ハウス」との関係が深く、8ハウスは結婚や先祖など強いつながりを持った人との関係の「遺産、性交、死」などの意味を表しています。

蠍座の「3つの区分」とは…

蠍座の「エレメント」は蟹座や魚座と同じ「水」で、雰囲気や感覚的なものを大事にする人の多い星座になり、内面は女性的な繊細な部分が見られるでしょう。

エレメントが水同士の星座はもちろん、「地」のエレメントの牡牛座や山羊座とも相性が良く、全て2区分が女性宮の星座同士になっています。

そして蠍座の行動の性質を表す「3区分」ですが、蠍座は「不動宮」で自分の心の奥深くにある気持ちをずっと持ち続け、それが行動に大きく関わってきます。

先ほどの「さそり座の女」の歌に感じたゾクゾクっとする怖さと、この点が重なるように感じるので、怒らせると怖いサソリのような星座と思えます。

「2区分」は「女性宮」になり、家族や自分のことに関心が強い星座で、大胆に幅広く興味を持つ男性宮とは、違う個性を見せることになるでしょう。

蠍座を支配星(ルーラー)とする惑星ですがこちらは「冥王星」で、サブルーラーが「火星」なので、蠍座の持つ極端に感じる激しい性格は、ルーラーの影響を受けています。

蠍座のことをもっと探ってみましょう♪

12星座の1つである蠍座は、「10月24日から11月22日までに生まれた人」の星座になります。

蠍座を夜空で見ようとする時は、天の川沿いに位置し、夏の星座として有名で明るく光る星で、南の空で確認がしやすいS字型の大きな星座を見てみましょう。

また星座占いで蠍座の個性をもう少し探ると「信頼ができる人、忍耐強い、集中力がある、頑張り屋」などの面が見えてきました。

友人として相談したいことがある場合、蠍座の人は安心して話ができる相手だと感じる部分があります。

感情を表面に出すタイプではなく、シャイな部分もあるため、蠍座というとサソリのネガティブなイメージが強いですが、隠れた良い部分がありそうな星座です。

怒らせると怖いタイプではありますが、蠍座の人に対して失礼なことをせずに、誠実に向き合う人であれば、蠍座の人の良い面がたくさん見えるのではないでしょうか。

相性の良い星座も蟹座や山羊座などであるため、自分勝手さや天真爛漫さが過ぎる星座の人とは、あまり相性が良くないかもしれません。

そして蠍座の人にピッタリの職業ですが、集中力がありコツコツと積み重ねることが得意なので、警察官など公務員の仕事は適職と言えるでしょう。

人と交流することが仕事になる営業的なものより、職人タイプの仕事が向く星座になるので、地味な裏方の仕事が向いているようです。

蠍座の人と恋愛すると♪

まず蠍座の人の恋愛は受け身のタイプとなり、派手に行動をしてアピールをしたり、積極的に恋愛を仕掛けていくような星座ではありません。

蠍座は何事も控えめであることが一つのキーワードとなるため、恋愛はターゲットを絞り込み、誘われるように上手に誘導していくことが大事になるでしょう。

恋愛の特徴としては「セクシー・魅惑的、危険な雰囲気、嫉妬深い、警戒心が強い」など、とても魅惑的な印象を持つ星座です。

蠍座の男女はとても色っぽく、惹きつけられる部分がありますが、遊びの恋愛をしようと誘うと、相手の人は痛い目をすることになりそうです。

浮気をしない一途な面を持つので、真面目に誠実に向き合える人で、時間をかけて関係作りをしていける方が、蠍座の人にとってはベストな恋愛相手になるでしょう。

蠍座を色で表すと深みのある赤色のワイン色となり、その色からも色気を感じるように、大人の恋愛をするのに相応しいお相手になるはずです。

ご主人も注目のあのタレントさんが蠍座です♪

テレビや映画を見ていると「この人ってどんな人だろう?」と思うことがあり星座も気になってきますよね?

実はタレントであり映画関係のお仕事もされているLiLiKoさんが、11月16日生まれの蠍座のA型の女性で、結婚していたことを2018年4月に告白されました。

正直に言ってここまでご紹介した、蠍座の持つミステリアスで危険な感じや冷酷さはご本人からは感じにくいですが、あるとすればセクシーさや魅惑的な雰囲気でしょうか。

またこれまでの経歴を見たところ、何事も順調に進んだお嬢さんタイプの女性ではなく、様々な苦労をくぐり抜けてきた印象があり、支配星の冥王星の影響を感じます。

そういう意味でも頑張り屋で信頼できる女性のイメージや、支配星とサブルーラーの冥王星や火星の強烈な激しさを持つ性質も、ご本人の持つアツさから感じ取れます。

ご主人は2018年の紅白歌合戦に初出場する、純烈の小田井涼平さんで2月23日生まれの魚座のA型になり、LiLiKOさんとは大人のカップルという印象を持ちます。

蠍座と魚座はエレメントの「水」が一緒で、女性宮という2区分も同じ部類となり、家庭を一緒に作っていくには相性の良い星座となるでしょう。

LiLiKOさんは強い信念を持つ蠍座のA型の女性で、ご主人の小田井さんは素直で比較的柔軟な心を持つ魚座のA型の男性となっています。

個性の強い蠍座の人には、2区分が男性宮でリードしたいタイプの星座や、真面目で頑固な部分を持つ山羊座のような女性宮の星座よりも、魚座はぴったりと言えそうです。

蠍座の人は魅力的ですね♪

蠍座の人の持つ激しい性質は、実は支配星の影響を受けているのだなと感じます。

星座ごとに色々な魅力がありますが、蠍座は特に興味深い星座なのだなと思いました。

きっとモテる人が多い星座だと予想できそうですが、いかがでしょうか。

ミステリアスでセクシーな雰囲気を持つ人なのかどうか、周りの蠍座の人をチェックしてみるのも面白そうですね。

それでは最後までお読みいただきどうもありがとうございました。

 

Parties占いコラム一覧

大人気Parties夢占いコラム一覧はこちら!

占いが付く婚活イベントはこちら!