40代以上の女性が集まるサロンを運営していますと、「結婚」についての話題や相談をうけることがよくあります。
お話を伺っていますと、40代以上の女性が婚活に成功するにはひとつ大きな分かれ目があるように感じます。
今回は40代以上の女性で婚活に成功する人と、しない人の分かれ目となるポイントについてご紹介します。

ミサコさんの場合

ミサコさんは40代後半、スタイルがよく美人でいつも流行のファッションを上手に取り入れた装いの素敵な女性です。
大学卒業後は大手企業に勤務され、30代で退職されてからは企業での人事経験をいかしてフリーでお仕事をされています。
いつも素敵な笑顔で彼女といると時間が経つのを忘れてしまいます。
そんな彼女の婚活歴はもう10年近くになるそうです。サラリーマン時代には結婚直前まで進んだ彼氏がいたそうです。その後も、30代のときの恋人からはプロポーズを受けながらも結婚に踏み切れなかったという経験をお持ちです。
40代になってやっぱり結婚がしたいと思い立ち、婚活をされていますが未だにうまくいかないとのことです。
わたしからみれば、ミサコさんは上品で明るく、社交的ですぐにお相手がみつかるのでは?と思えます。
そんな彼女は「引き寄せの法則」というものに凝っているとのことで、実践していると教えてくれました。
彼女の実践する引き寄せの法則は、簡単に言いますと願いを具体的に書き出し、その願いを常に心の片隅に置いて念じておくというようなものです。彼女は結婚したい男性のタイプや結婚後の夢を書き出しているそうです。
彼女の結婚したい男性のタイプや、結婚後の夢がどんなものであるかを尋ねてみました。
ミサコさんの希望は「パートナーシップが持てること。」「ともに成長できること。」「○○に住めること。」とのことです。最後の○○は、このあたりでは現在一番人気がある中心部の駅名です。
ミサコさんはお仕事柄、男性との出会いに恵まれているようで先日も素敵な男性と出会いデートをされたそうです。その男性は見た目、職業、性格などすべてにハイスペックな方だったそうですが、前妻さんとの間にお子さんがいらっしゃると聞き、却下となりました。
「お子さんは前の奥さんが引き取っていて、彼に養育費などを支払う余裕があるのであれば、それは問題にならないのでは。」と尋ねますと、
「子どもがいると、離れていてもそれが優先されてしまうでしょう。純粋なパートナーシップの妨げになるかと思いました。」との回答でした。
また、別の出会いで、とても感じがよく「これは」と感じた男性がいらしたそうですが、出張のお土産にもらったものがあまりに安っぽいものでがっかりしたそうでお断りとなりました。
ミサコさん曰く、彼女が実践する引き寄せの法則によると、いつか必ず希望通りの人が現れるので、一切妥協する必要はないとのことです。
「今まで妥協して良いことなかったですから。いつか必ず理想の人と結婚します。」
ミサコさんは力強く微笑みました。

エミさんの場合

エミさんは芯の強い、苦労を知っている人だなという印象の女性です。30代で結婚しその後に離婚されお子さんを育てて来られました。いくつか仕事を変えながら国家資格にチャレンジし現在はその資格でお仕事をされています。美人ではありませんが、頼れる雰囲気で年齢なりの美しさを身に着けた50代です。言葉から垣間見えるやさしさは彼女の強さから出るものであることが伺い知れます。
エミさんが婚活に目覚めたきっかけは一人娘の結婚でした。一人で育ててこられた娘さんが大学卒業と同時に結婚され寂しくなったのと肩の荷が下りたのとで、自分の結婚を考える余裕ができたそうです。
思いつくと即実行が身上のエミさんは早速、婚活サイトに登録しました。最初はどうして良いかもわからず苦戦したようですが、徐々に慣れ半年間は婚活に没頭したそうです。
エミさんのお相手選びのポイントを尋ねてみました。
「年収500万円以上」「年齢差がプラスマイナス5歳以内」「嘘をつかない人」というものでした。年収については、長年お金に苦労をしたのでということでした。また、前夫がお金に細かい人で苦労をしたので、その苦労は二度としたくないそうです。前夫とは彼の嘘が原因で離婚に至ったので最後の嘘をつかないというのが一番重要だと彼女は言います。
婚活サイトで出会った人との結果を話してくださるのですが、「今回の人は年収は高いようですが、借金があるようでダメです。」「前回の彼はこちらからの質問に明確に答えてくれないので、嘘をつくタイプです。」などまるで事務処理のように最初にあげた希望に沿うか沿わぬかを判断されていました。
そして婚活開始から約1年、エミさんは56歳で見事理想のお相手と結婚されたのです。
そのお相手はくだんの三要素を満たすだけでなく、穏やかでやさしく、学歴も申し分ない方でした。
「しあわせです。」微笑む彼女をみているとこちらまで幸せな気分になりました。

40代からの婚活の明暗を分けるもの

ミサコさん、エミさんを同時期に拝見しお話を伺っていますと、40代以上で婚活がうまくいくためのひとつのポイントが見えてきました。
二人とも結婚のための条件をあぶりだしこれを目標に婚活をされている点では同じですが、この条件の考え方に大きな差がありました。

50代で婚活に成功したエミさんは、過去に結婚歴があることもありますが、「自分にとって本当に必要な条件」を明確に掲げてられました。他人からみて幸せであることや、世間一般に照らし合わせることなく、自分が一番必要としていることを明らかにしそこに焦点を絞って婚活をされていました。自分は経済的に不安要素があるから、経済的に安定した人と結婚がしたい。夫の嘘だけは許せないから正直な人が良いなどです。エミさんは、三つの条件を掲げていましたが、これ以外についてはフィーリングなどのみを重視し、条件についてはあれこれ述べることはありませんでした。

一方、長年婚活に励むミサコさんは、世間一般に見る結婚の理想像の中から自分の希望にあった理想像を選びそれを「目標」に定められたという印象です。言葉の定義がはっきりしない条件を目標にすると、目標クリアの判定が自分でもしにくくなります。「目標」と「条件」をごっちゃにして、ブレてしまった感じでした。
パートナーシップや、自己成長は大切ですが、それは関係が始まってから二人で育てていくものです。ですので、これらは目標であって条件ではありません。パートナーシップを自身はどんなものと考え、それの実現にはどんな要素をもった人が良いのかということを「簡素」に思い描いて「条件」に落とし込む必要があります。ポイントは「簡素」「現実に即した」条件であることです。ミサコさんは目標をクリアするための条件を次々に付加し、道を狭めているように感じられました。

40代は、人生経験もそこそこ重ね、自信もあります。何かにつけ自分のやり方も確立しているのが通常です。結婚は別々に生きてきた男女が人生を共に歩むことですから、独身時代とまったく変わらず結婚生活を送ることは難しいです。結婚は男女がお互いにすり合わせしながら進めていく共同作業です。
40代以上の婚活のポイントは、夢や理想を掲げるのではなく、自分が本当に必要なもの、譲れないものを具体的にしておくことが成功の鍵のようです。「これだけは」という条件が決まれば、それ以外は相手に譲るくらいの覚悟が必要でしょう。

40代以上での婚活成功率は20代、30代に比べるとかなり低くなります。それでも成功してしあわせをつかんでいるひともたくさんいます。
40代からの婚活では、他人と比べず自分のペースで自分だけの幸せをつかむ努力をすることが成功のポイントのひとつといえるでしょう。

自分にとってのしあわせとは何かを改めて確認し、ぜひ自分にあったしあわせをつかんでください。

 

40代女性向け婚活イベントはこちら!