オリンピック種目であり、誰もが知る超メジャースポーツ・フェンシング。
そのフェンシングの名選手を紹介するこのシリーズ、栄えある第一回はやはり!日本フェンシング界を長年支えて大活躍し、オリンピックでメダルも取って日本中にフェンシングフィーバーを巻き起こし、後に日本フェンシング協会会長にまでなった太田雄貴・・・ではなく、武田仁を紹介したい。

フェンシングの種目

フェンシングはフルーレ、エペ、サーブルと3種目に分かれるのは今や幼稚園児でも知っているほど有名な事実だが、日本においては長年「フルーレにあらずばフェンシングにあらず」という後進国らしい差別が顕著であった。
それは例えば新入部員が最初にやるのは必ずフルーレであったり、インターハイで団体戦が行われるのはフルーレだけだったり、大抵の大会において出場できるのが「フルーレと何か」という刺身のツマのような扱いであり、エペとサーブルに同時に出場するのが認められていないことも多いことが示していた。

最たる例が、エペとサーブルをひとまとめにして「種目勢」と称する雑な呼称で、「あー種目はあっちで練習ねー」とか言われて隅っこに追いやられる、まさしく差別以外の何物でもない扱いなのであった。

そんなエペやサーブルは「フルーレやってみたけど勝てないからそっちをやる」などという劣悪な扱いを受けることさえあり、まるでバンド内でギタリスト同士の熾烈な争いに敗れてベースに転向するかのごとく、「負け犬」かのような扱いさえ、根強くあったものだった。

今でこそエペやサーブルの日本における権威は飛躍的に向上し、特にエペは世界ではむしろ主流でフェンシングの基礎のような部分もある為、最も注目の種目と言っていい。

今回紹介する武田仁は、そんなエペの選手である。

武田仁がフェンシングを始めたきっかけ

武田仁は見た目からは到底想像できないかもしれないが、生粋のおぼっちゃんである。
名門・慶應義塾に幼稚舎(小学校)から通う、まさしく生粋の慶應ボーイなのである。
慶應ボーイというより慶應ゴリラだろ、というツッコミが聞こえてきそうだが、実は武田仁はよくよく見ると慶應ボーイらしき上品さも備えた、優しいゴリラなのである。

さてそんな武田仁がフェンシングを始めるのはまさにその幼稚舎においてなのであるが、「ぼくも騎士(ナイト)になってお姫様を守る!」というかわいらしくも頼もしい意識に目覚めたから・・・ではなく、慶應フェンシング界に君臨するグランマ・小林さと子女史に見出されたから、という消極的な理由である。

その内容も、体育館で「君いいね、フェンシングやってみない?」と声をかけるという、後の全日本チャンピオンを見出すにはやや、雑なものであった。
だがしかし、小林女史の先見の明が無ければ、この偉大なチャンピオンも生まれなかったのである。

低迷する慶應フェンシング部で

武田仁の通う慶應義塾は、小学校から大学まで一貫教育の私立であり、その各学校にフェンシング部がある。
そう考えるととても充実していそうなものだが、部員不足に悩まされ長らく低迷しており、とある年代など部員がみな落第して消えるという、実にひどい低空飛行が続いていた。

そんな慶應義塾で武田仁は内部生として幼稚舎、普通部(中学校)、高校と進学していきフェンシング部に所属するが、低迷する部の中にあっては、急に大きく成長できるものでもなかった。

武田仁の4歳上にはかの有名なファッションモデル・・・じゃなくてオリンピックメダリストの三宅諒がおり、慶應義塾高校の頃からインターハイで活躍していた事もあり、部員は飛躍的に増え始めていた。
だが武田仁の世代がまさに影響を受けて増え始めた世代であり、まだまだ部内の環境が飛躍的に向上したとは言い難い頃であった。

コーチの言うことを聞かない武田仁

慶應フェンシング部はそのOBOGがコーチを務めるが、長年の低空飛行のせいもあり世代はかなり上であり、教えるフェンシングはややもすると古い形のものが多かった。

しかし武田仁は生来の好奇心の強さもあり、そんなコーチの教える教えに留まらない。
フェンシングには「振り込み」という、剣をしならせて突く突き方があるが、旧態依然としたコーチはこれを禁止する、ないしあまり勧めない事が多い。
だが武田仁はそんな事を聞くようなタイプではない。喜々として振り込みに励んだりし、しまいにはコーチが「武田はもう放っておくしかない、あいつにはあいつのやり方がある」となるほどだった。

だが武田仁はふざけているようでいて、極めて研究熱心で努力家でもある。
様々な映像を見たり練習に参加したりし、自分なりに色々考え、トレーニングにも励む。
そんな(意外に)知的で努力家な一面が、高校の頃になると実力として大きく蓄えられていった。

ついに才能が開花、インターハイ入賞

武田仁はまだまだ「強い人はフルーレをやる」という時代だった為、高校時代まではフルーレもやっている。
高校の頃には本人の中ではもうエペをやりたいという意識がはっきりしていたが、まわりはそれを許さず、並行していた。

しかしついにその努力は実り、高校3年のときに、フルーレ個人でインターハイベスト16、フルーレ団体でインターハイベスト8、そして何よりエペ個人で3位入賞している。

これは決して図抜けた成績ではないかもしれない。先輩である三宅はインターハイを優勝しているし、エペ個人で優勝したのはまさに傑出した逸材で後々まで切磋琢磨する事になる山田優であり、武田仁はその陰に隠れているとも言える。

だがフェンシングにおいてそこまでエリート街道というわけではなかった武田仁が、ついにフェンシング界のトップレベルに到達したのだ。

次々に好成績をあげ、一躍トップ選手へ

ここから武田仁の輝かしい競技歴が刻まれていく。
高校を卒業して大学に進学した武田仁は、持って生まれた面倒見の良さもあいまって、先輩や後輩も巻き込んで強化していく。

これはある意味画期的なことだった。
先輩の三宅もそうであるように、フェンシング界では大抵強くなるとJISSという国立スポーツ科学センターでの代表級の練習にばかり参加し、学校の練習にはあまり顔を出さなくなる。
そうなると、個人では強くなるものの学校は一向に変わらず、団体での成績は上がっていかない。
ところが武田仁は学校での練習に参加し、誰よりもハードワークに励む事で、自らの身を持って示し、自分の所属する間に慶應フェンシング部、特にエペ勢は飛躍的にレベルが上がっていく。

大学2年の時にインカレ個人準優勝、慶應義塾大学もエペ2部リーグで優勝に導くだけでなく、全日本選手権団体4位にまで押し上げる。
アジアU23では個人3位、さらにアジアジュニアでは山田優もいる団体で優勝、世界ジュニアでもベスト8に入賞する。

大学3年に上がってからはさらに部内も押し上げていき、ユニバーシアード個人では15位だったものの、大学をエペ1部リーグで準優勝、王座決定戦ではついに優勝に導き、全日本選手権団体でも準優勝という成績をあげる。

そして大学最終年である2016年、個人としてはインカレは準優勝に終わるものの、ついに宿敵・山田優も倒して全日本選手権優勝、個人として日本の頂点に辿り着く。
しかも学校も大学エペ1部リーグ優勝、全日本選手権団体でも3位入賞となる。

初優勝での引退宣言、「一発屋です!」

よもや全日本選手権という最高峰の舞台で初優勝を決めた選手のインタビューで「一発屋です!」という言葉が出ると、誰が予想できたであろうか。
彼の謙虚さがあらわれたエピソードと言えるが、そこで武田仁は同時に引退宣言もするのであった。

彼のその「一発屋です!」という発言は、今やフェンシング界では知らぬ者のいない名ゼリフとして、斉田守氏のオリンピック解説時の「ゆうきぃ~~~」と並んで称されている。
フェンシングを始める小学生も、この2つのセリフはだいたい知っているほどである。惜しむらくは、あまりかっこよくないので真似して発言する選手が後に続かない事、だろうか。

だが武田仁本人は、全日本選手権優勝という輝かしい戦績よりも、母校を1部リーグ優勝させたほうが嬉しい、と平然と言い切る。
これは彼の人柄をよくあらわしていて、自分だけが強くなっても仕方ない、まわりも強くしたいという、責任感と面倒見の良さの結実した結果なのだ。

引退・・・一発屋・・・・あれ?

武田仁が「初優勝で即引退宣言」とか「珍行動」とスポーツニュースの見出しまで飾った、その翌年の2017年。
あろうことか全日本選手権の会場に、武田仁の姿はあった。

スポーツニュースの見出しまで飾った「引退宣言」は、「いやなんか権利を持ってて出られたから」という実に適当な理由でしれっと撤回される。
そんなやる気の無い中でもそこはディフェンディングチャンピオン、しれっと出ただけあってしれっと勝ち上がっていき、よもやの「ちゃっかり3位入賞」となる。

好キャラクター・武田仁

既に何度か触れてきたが、スポーツ選手は強くなるほどある種の自己中心的なところが強くなるものだが、武田仁にはそういうものはなかった。

常に後輩の事も考えていて、食事にもよく連れて行った。
ただこの男は恐ろしい大食漢であり、焼肉食べ放題で後輩がもう満腹となれば「お前ザコだな!」と言って笑いながら追加注文を入れる。
一時期はSNSのプロフィール写真が回転寿司の皿が恐ろしい数積み重なったものを前にどや顔で撮ったものであったほどだ。

ちなみに別のSNSではプロフィール写真がエネゴリ君となっており、それを見た者はエネゴリ君を見る度に武田仁にしか見えないという弊害まで生み出した。
そんなエネゴリ君は、実は華道は小さい頃からやっているガチ勢だったりもする。いつの日か、華道の世界でも頂点を極めるのかもしれない。

いま日本のエペが熱い

武田仁は続けているのか続けていないのかよく分からないが、日本のエペ代表は今や世界を相手に活躍しており、今後が注目される。

もう間もなく東京オリンピックもあり、そこではエペのメダル獲得、なんてそんな姿も見られるかもしれない。

そしてその時ひょっとすると・・・テレビの解説席にはなぜかしれっとちゃっかりと武田仁が座っていて、「まさるぅ~~~」と泣くかもしれない。
今後どこに出没するのかよく分からないが、この男には今後も注目である。

 

スポーツ好きが集まる婚活イベントはこちら!