12星座について

皆さんは、ご自分の星座をご存じですか?
殆どの方はご自身の星座をご存じなのではないかと思います。
一般的に雑誌などに載っている○○座、というのは12星座とも言われ、あなたが生まれた日に、太陽が運行していた星座の位置を示すものなのです。
12星座(太陽星座)は一般的にその人の持っている性格や性質を占うものです。
皆さんもご存じのように、牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座の12の分類に別れています。

4つのエレメントについて

12星座の特徴はその中でも、大きく4つのエレメント(火、地、風、水)に分類するととても覚えやすいのをご存じですか?
・火のエレメント(直感/正しいかどうか)は牡羊座、獅子座、射手座。
・地のエレメント(感覚/心地よいかどうか)は牡牛座、乙女座、山羊座。
・風のエレメント(思考/面白いかどうか)は双子座、天秤座、水瓶座。
・水のエレメント(感情/好きかどうか)は蟹座、蠍座、魚座。

4つのエレメントの物の感じ方

では、4つのエレメントの特徴として、物の感じ方を例に挙げてみます。
お題は、

「人類の為に宇宙飛行士になって欲しい。ただし3年地球に帰れず家族とも連絡できない」

火のエレメントの答え

私が行くことで人類が助かるなら、何でもします。

地のエレメントの答え

いくらもらえるんですか?宇宙内ではどんなことが保証されますか?

風のエレメントの答え

楽しそうです。行きます。色々と実験できるんですよね。

水のエレメントの答え

3年も家族と会えないなんて寂しいです。宇宙は怖いしできれば行きたくない。

いかがでしたしょうか?
この答えに関しては、少し大袈裟に表現しておりますが、ご自身のエレメントを当てはめてみて、何となく思い当たる部分があるような感じはしませんか?

4つのエレメントの特徴

次に、それぞれのエレメントの特徴を挙げていきます。

火のエレメント

精神的、決定する、明らかにする、正義を求める、理想を止める、闘争的、単純、英雄的な行動、哲学、指導する、信念、本質を捉える、自意識が強い、楽観的、使命感

地のエレメント

物質的、利用する、メランコリック、実利主義、実務主義、快楽主義、蓄財、富、美的センス、価値の追求、損得を考える、実直、頑固、ギブ&テイク、悪い環境には耐えられない

風のエレメント

コミュニケーション、調査、総体的、社交的、知的、策略的、言語、遊ぶ、学ぶ、売買、好奇心、神経質、冷酷、友情

水のエレメント

愛する、同情する、優しさ、芸術、治癒、育む、潤す、一体化する、染まる、傷つきやすい、情緒豊か、インスピレーション、オカルト、心配性、信仰心、涙もろい、自己犠牲

4つのエレメントの物の感じ方をもう少し

では、4つのエレメントの物の感じ方の例をもう何例か挙げてみます。
お題は、

「小さな子が火遊びをしていました。さて、どう注意しましょうか?」

火のエレメントの答え

「火は危ない!とくかく危ないんだ!」と早めに怒鳴る。

地のエレメントの答え

「火事になったらどうする!熱いだろ!」と基本的に相手の行動に任せる

風のエレメントの答え

「何だか面白そうだね」と一緒に遊ぶ。

水のエレメントの答え

「あなたが怪我をしたらあなたのお母さんが悲しむよ」と嘆き悲しむ。

次のお題は、

「真夏の太陽を見て一言」

火のエレメントの答え

「太陽だ」としか言わない。太陽が主張する「正義」などの言葉をいきなり口にする。

地のエレメントの答え

「まぶしい」「暑い」など、五感で捉えた不快さをそのまま口にする。

風のエレメントの答え

実は北半球では冬より夏のほうが太陽から遠い、など、余計なことを思い出し口にする。

水のエレメントの答え

「あの人も同じ太陽を見ているのね」など感傷に浸る。

次のお題はとてもリアリティがあります。

「日本の消費税が10%に引き上げられることについて一言」

火のエレメントの答え

民衆の為の政治が行われていない、と憤る。

地のエレメントの答え

将来の生活を考え預貯金を確認。最悪の事態を想定しリスク回避の手段を具体的に考える。

風のエレメントの答え

何故そのような政策が実施されるに至ったかを分析し、友人たちと議論する。

水のエレメントの答え

消費税が上がったことにより、苦しむ人達のことを思って悲しむ。

詳しく4つのエレメントを区分

・火のエレメントは直感を大切にします。本質そのものをパッと掴むのが得意。
・地のエレメントは感覚を大切にします。役に立つかどうかを一番に考えます。
・風のエレメントは思考を大切にします。興味や知識を言葉にするのも好き。
・水のエレメントは感情を大切にします。周りに同情し、世話焼きでもあります。

エレメントにもそれぞれ色がある

それぞれのエレメントに、成熟さ、未塾さがあり、色もあります。

火のエレメント

熱く乾いています。
色だと赤。
火に象徴されるようスピードが速い。イメージそのものを捉えるのが速い。

地のエレメント

冷たく乾いています。
色だと黄、茶。
土に象徴されるように乾いていて分離。自分は自分、相手は相手である。

風のエレメント

熱く湿っています。
色だと緑。
風に象徴されるように湿りながら流れる。楽しいことが好き、コミュニケーション上手。

水のエレメント

冷たく湿っています。
色だと青。
水に象徴されるように冷たく流れる。思いやりがあり、相手の感情を受けやすい。

4つのエレメントの象徴

4つのエレメントの象徴もあります。

・火のエレメント=英雄
・地のエレメント=指導者・商人
・風のエレメント=学者
・水のエレメント=宗教家

12星座の特徴について

では、12星座それぞれの特徴を書いておきます。(  )内はエレメントです。

牡羊座(火)=エネルギッシュ
牡牛座(地)=物事をじっくり考える
双子座(風)=好奇心旺盛
蟹座(水)=身内思い
獅子座(火)=自己表現豊か
乙女座(地)=細部にこだわる
天秤座(風)=調和を重んじる
蠍座(水)=物事に深く関わる
射手座(火)=冒険心ある楽天家
山羊座(地)=秩序や伝統を好む
水瓶座(風)=型にはまらない個性
魚座(水)=感受性豊かで芸術気質

いかがでしたでしょうか?
ちなみに、同じエレメント同士の相性はとても良く、恋愛関係、家族関係、人間関係などもとてもうまくいくと言われています。
これから婚活中の方は相手の方の星座を聞いてみて、調べてみるのも面白そうですね。

 

Parties占いコラム一覧

大人気Parties夢占いコラム一覧はこちら!

占いが付く婚活イベントはこちら!