現在婚活をしている方は、婚活系のイベントに参加したり、パーティーや合コンなどの男女が集う場所に参加して、出会いを求めるというケースが多いでしょう。
そんな時に気になるのが、婚活を行う際にどのような服装がベストなのか、という点です。
婚活は遊びの場ではありませんので、ふさわしい服装で女性に接しなければ、女性からの印象が悪くなってしまいます。
今回は、婚活において男性が気にすべきポイントについて解説します。

婚活パーティーでの男性の服装

婚活を行う人が利用するイベントとして最も多いのが婚活パーティーでしょう。
この婚活パーティーでは、男性はどのような服装で参加すべきなのでしょうか。

スーツが基本

婚活パーティーの一般的なスタイルは、男性と女性が同じ比率で参加し、自己紹介・フリートーク・告白タイム・カップリングというような流れになります。
こうした場においては、男性の服装はスーツが基本です。
パーティーによってはドレスコードがあり、スーツ・ネクタイが必須という様なパーティーもありますので、そういった場合にはしっかりそれに従いましょう。

服装規定がない場合

服装の規定がない場合でも、ある程度フォーマルな服装で参加するようにしましょう。
服装自由といっても、そこは社会人としての判断にゆだねられていますので、あまりにラフな格好で参加するのはやめましょう。
服装自由の場合は、必ずしもネクタイを締めないといけないということではありませんが、それでもジャケットを着ていくようにしましょう。

NGな服装

婚活パーティーにおいて、避けたい服装とはどのような服装でしょうか。

まず、ラフすぎる服装は絶対に避けましょう。
婚活パーティーに参加する人は、全員初対面です。
相手の性格を知らない状態で参加する人にとっては、まず相手の第一印象で判断します。
服装がラフすぎる、だらしないと、それだけで第一印象が最悪になってしまい、自己紹介やフリートークを行う前に既にマイナスの査定を受けてしまっているということになります。
服装1つで、「あの人はだらしなさそう」「ちゃらい」と思われてしまえば、その時点でパーティーは失敗といってもいいでしょう。
無駄なところで-ポイントを作ってしまうというのは非常にもったいないので、なんとしても避けましょう。
Tシャツやダメージの入ったデニム等の服装は避けるのが無難です。

デートでのスタイルは?

婚活パーティーや紹介などで女性とやり取りが開始された後、本格的に関係を深めていくためには、デートを重ねていくことになります。
こうしたデートにおける服装は、どのような服装がいいのでしょうか。
将来のパートナーを見つけるうえで、デートは最初の1歩にすぎません。
ここで浮かれずに、適切な服装を心がけましょう。

仕事終わりはそのままスーツで

デートの最初の段階では、仕事終わりに食事をするというのが一般的だと思います。
このような仕事終わりのデートにおいては、仕事着そのままで会うようにしましょう。
サラリーマンの方は仕事中に着ていたスーツを着ていけばいいでしょう。
スーツがヨレヨレでないか、汗やタバコの臭いはついていないかをしっかり確認しておきましょう。
あなたがタバコを吸わないとしても、同僚・上司などが吸ったタバコの臭いがあなたのスーツに染み込んでいます。
しっかりと臭いを確認して、消臭スプレーを使うなどして対応しましょう。

仕事着がスーツではない人の場合

仕事着が必ずしもスーツではないという人もいると思います。
土木関係の人や私服で仕事をする人などがこれに当たります。
こうした人達の場合は、必ずしもスーツに着替える必要はありませんが、それなりにフォーマルな服装でデートするようにしましょう。
基本的にはジャケットを羽織るようにし、真夏であればボタンシャツを着ていくようにしましょう。

関係が深まってきたら

食事デートを重ねる中で、いよいよ本格的なデートに行くという展開になります。
映画に行く、テーマパークに行くなど、1日中一緒にデートするという機会があれば、真剣な交際に発展するまでもう少しです。
こうした時のデートでは、それなりに関係も深まってきていますので、あまりカチッとした服装でいく必要はありません。
動きやすい服装、それでいて相手に不快に感じさせない様な服装が大事になります。
シンプルな服装を心がければ特に問題はないと思いますが、どうしても不安な場合には、あらかじめ相手の好きな服装をさりげなく聞いてみるのもいいでしょう。
短パンで行ったり、ボロボロの服装で行かないようにしましょう。

おしゃれに自信がない人はどうすればいい?

普段はスーツを着ており、私服にあまりこだわっていない男性も多いと思います。
しかし、私服でのデートに行く際には、ある程度おしゃれに気を遣わないといけません。
女性は細かいところも見ています。
おしゃれに無頓着な男性は、どうすればいいのでしょうか?

おしゃれな友人にアドバイスをもらう

普段おしゃれをしない人が無理をしても限界があります。
そこで、私服に自信がない人の場合は、ファッションに関心のある友人からアドバイスを受けるというのもいいでしょう。
同性の友人からのアドバイスもいいですが、是非女性の友人のアドバイスも聞くようにしましょう。
女性目線でアドバイスをもらえれば、デート相手にもプラスの印象を与えることができるはずです。

ファッション雑誌を参考にする

ファッション雑誌を参考にするのもアリです。
特におすすめしたいファッション雑誌としては、モデルが服を着た写真ばかり載っている雑誌ではなく、一般人のストリートスナップが多く載っているものです。
外国人モデルや芸能人が着ている服はすべてカッコよく見えてしまうものですが、彼らは元々スタイルが良い、容姿が良いという特徴があり、実際に自分が同じものを着てもしっくりこないということがあります。
一方、一般人であれば、自分と身長や体型が似ている人もいると思いますし、よりリアリティがあります。

ファッションレンタルサービスを使う

ファッションレンタルサービスというものをご存知でしょうか?
ファッションレンタルサービスとは、最近人気を集めているサービスのことであり、システムとしては服を借り、着たら後は返すだけという非常にシンプルな内容になっています。
女性服がメインでスタートしたサービスではありますが、現在では男性向けのサービスを展開しているところも多く、非常に便利なサービスになっています。
中には、専属のスタイリストがコーディネートをしてくれるところもありますので、あらかじめ大事なデートのための服装をチョイスしてほしいという旨を伝えれば、それにふさわしい服をコーディネートしてくれます。
また、レンタルした服が気に入った場合には、その服を購入することもできますので、本当に気に入った服を集めることができます。
おしゃれに自信がない人はもちろん、あまり服をもっていないという人が利用しても便利なサービスとなっていますので、是非利用してみてください。

まとめ

以上、婚活における男性の服装について解説してきました。
婚活において求められるのは外見だけではありませんが、あまりにもどうしようもない服装だと、相手も寄ってきません。
普段の身だしなみをもう一度見直し、相手に悪い印象を与えないような服装で勝負しましょう。