タイトルを見てびっくりしましたか? それとも「なんだそりゃ、婚活のためにはありのままの自分じゃなくて、仮面の自分を意識的に演出しないといけないのか? なんだか面倒くさいな・・・」ということを思ってしまったかもしれません。
しかし、ちょっと厳しいことを言ってしまうかもしれませんが、ありのままのあなたというのは、他人から見て魅力的な人間ですか?
周りの女性から「~~さんって、いつもきっちりスーツを着こなしていて、本当、少女漫画から飛び出てきたようなジェントルマンって感じですね、どうしていつもそんなに、さまになっているんですか? よかったらこの後バーとかでその秘密を教えてもらっていいですか?」というようにモテモテでしょうか。

意識的にマインドチェンジを行う

そうであるならば、私は何も言うことはありませんが、これを読んでいるということは、何かしら思うところがあって、自分の意識や行動を変えて、未来を良くしていこうと思っているのだと思います。
であるならば、まずは未来を変えて行く最初の一歩として、面倒くさいと思った心と言葉を「よしわかった!俺は婚活をするにあたって、女性にモテるためのテクニックを頑張るぞ!絶対に”結婚したい”と思った女性と結婚するんだ!」という風に変換してみてはいかがでしょうか。

後ろ向きな結婚は人生が後ろ向きになる

なぜなら、後ろ向きな気持ちで婚活をしてしまうと(自分みたいな人間と結婚してくれるような人はいるのだろうか?レベルを下げて、自分のタイプではない女性であったら結婚だけはできるかもしれないが、そんな後ろ向きな気持ちで結婚してしまったら、関係がこじれた時にすぐ離婚してしまいそうだ)というようなことを思ってしまうでしょうし、関係がこじれなくても、ずっとこの女性と、俺はしょうがなく結婚したんだ”と心の中に不満を抱いていたら、自分が消耗しきってしまうか、お酒に酔っていたり、仕事で疲れてしまった時に、その女性からものすごく責められた場合、抑えが効かなくなってしまうかもしれません。
「あなた! なんでこんなに帰りが遅いの!?仕事なのはわかってるわよ! あなたがそんな女性にモテるタイプじゃないのは、私が一番分かってることよ!私が言いたいことは、こんなに遅く帰ってきてるのに、全然給料が上がってないじゃないの! こんなに遅くに帰って来るんだったら、給料くらいあげてきなさいよ!」というようなことを言われたら、絶対に”うるせえな!何様のつもりだよ!
俺の嫁さん気取りか!?別にてめえなんかと望んで結婚したわけじゃねーよ! お前とはしょうがなく結婚しただけだ!気分の悪いことばかり言いやがって! てめえなんかと結婚なんてするんじゃなかった!”というようなことになってしまって、夫婦生活が崩壊してしまうでしょう。

女性の言葉にできていない心の声を聞いてあげる

上記のような結婚した夫婦ではなくて、結婚相談所などで知り合った男女であっても言えることですが、女性の言葉にできていない、心の声を聞いてあげるのが女性との付き合いで大切になってきます。
奥さんがなぜそんなに言葉で責めてきたのかと言うと”私、あなたが遅くまで帰ってこなかったから、寂しかったの”ということを言いたかったからです。
しかし、女性は男性から見ると、変なところで奥ゆかしいので、あまりはっきりと自分の意見を言ってくれないのです。
なので、表面的な女性の言葉だけではなくて、女性の目線であったり表情であったり、仕草などで、自分が接する女性が、本当は何を考えているのかということを、推理してみてください。
もちろん、最初は何を考えているのかわからないでしょうし、あてずっぽうでわかったふりをするのはいけませんから、相手をよく観察する必要があります。
そのような姿勢を男性側が積極的にすることが、異性との大切なコミュニケーションですので、是非、現在交流がある女性がいるのならば、その女性の心の声をわからないなりに、理解しようと努力してください。

ポジティブな言葉を意識的に使う

先ほど例に出した女性は、旦那さんがいつまでたっても帰ってこないので、不安だった心を吐き出しているわけですから、男性が奥さんに「ごめんね。遅くまで待たせてしまって、心配してくれてありがとう、こんなに心配してくれる君と結婚することができて、本当に良かったと思っているよ」というようなことを言って、夫婦関係が悪くなるでしょうか?旦那さんからそのような優しい言葉をかけてもらったら、奥さんの方も「きつい言い方になってごめんなさい、あなたのことが心配だから、感情が高ぶりすぎてしまったかも、今度から遅くなる時はちゃんと連絡してね?」というような、プラスの会話になると思います。
同じように、婚活している場合であっても、相手の女性に「洋服に入っている花の柄かわいいね? きみとぴったり合っているような感じがするよ」といったような、ポジティブな言葉をかけてあげたり、話した言葉と頭で考えていることを一致させる生活を送っていたら”幸せになる方が当たり前、不幸になることが難しい・・・というか、どうやって不幸になるの?”というような人生になるでしょう。

不幸になる簡単な方法

反対に、ネガティブな言葉だけで人生を送ったら、どのような人生になるでしょうか? 周りの人に悪口ばかり言う人は、おそらくその悪口が自分にも返ってきて、一生悪口と付き合う人生になるでしょう。
よく考えてみれば、1+1より簡単なことではありませんか?プラスのマインドでプラスの言葉を自分が発していたら、周りの人から帰ってくる言葉やマインドも当然のことのように、ポジティブな言葉しか聞こえなくなってしまうでしょう。
「甘い考え方してるな、そんなことあるかよ!性格のひん曲がった人間は、どこの世界にも存在するさ!」と言いたくなってしまうかもしれません。
確かにそのような人間がいることは確かですが、そのような人間の言葉だけしか聞かないのは、とてももったいないことだと思います。
もちろんネガティブな言葉というのは、心の奥深くに突き刺さってしまって、その痛みはなかなか消えないものですが、その言葉だけを意識してしまって、ポジティブな言葉を聞き逃してしまうのは、あまりにももったいないことだとは思いませんか?

自分がポジティブでいればポジティブな結婚ができる

ネガティブなことを言ってくる人以上に、ポジティブなことを言ってくれる人間というのは数多くいると思いますから、そのような人たちとだけ交流するようにすれば、自然と自分の置かれた環境が改善されて、さらにポジティブになってくると思います。
女性というのは、楽しい気分にさせてくれる人に好感を持つ生き物ですから、自分がポジティブでいれば、意識しないうちに多くの女性が、あなたのそばに寄ってくるでしょう。
その中から、自分が結婚生活を送りたいと思った女性と、ちょっと言葉は悪いですが”選び放題の立場“になれるのです。

言っていることと考えていることを一致させる

その時に大事なことは、上記で説明した通りに、自分の言っていることと思っていることをできるだけ一致させるということを、やってみてください。
たとえば、過去にこのような経験がなかったでしょうか。”ものすごく立派で、もっともらしいことを言っているけど、全く自分の心に響いてこない”というようなことが、人の話を聞いているとたまにあると思います。
なぜそんなことがあるのかと言うと、あなたがネガティブすぎる場合は別ですが、喋っている人が、自分の喋っていることを実践できていないということがあります。
ですから、もっともらしいことを言っていたとしても(まあ、自分はそういうことはやっていないんですけどね)ということを心の中で思いながら、言葉に出してしまうと、聞いている人は強烈な違和感を感じてしまうのです。
なので、思っていることと自分の発する言葉は、なるべく一致していた方がいいのですが、どうせならポジティブの方向に一致したほうが、自分にメリットがあると思いませんか?
もっと言ってしまうと、自分だけではなくて、あなたの周りに集まる人間全てにメリットがあることなのです。
そうなると、あなたは常に女性から必要とされる人間になれるので、結婚相手の選択肢が加速度的に増えていくのです。