「大学生から婚活をするのっておかしくありませんか?」というようなことを思うかもしれませんが、デリカシーゼロの発言をお許しいただけるのであれば「大学生」というブランドは特に女性の場合、婚活ではものすごい破壊力があります。

20代でもモテモテなのに大学生だとさらにモテる

婚活市場で20代の女性は男性からモテモテですが、女子大生であればさらにモテるのは間違いありません。

多くの男性達がアプローチしてくる

基本的に婚活で20代の女性というのは、多くの男性から求められるモテモテな状態になりますから、条件のいい相手を選び放題なのです。

20代の女性でもそうなのですから、20代前半の大学生であればさらに多くの男性がアプローチしてくるでしょう。

男性たちがあまりにも必死にアプローチしてくるので「男ってバカだな・・・」と、ちょっと幻滅してしまうかもしれませんが、20代の女性と争わなければいけない、30代や40代の女性の婚活を間近で見るようになると、考え方は変わるかもしれません。

厳しい競争をしなくて済む

基本的に大学生や20代の女性が婚活に現れると、男性たちは若さが最も価値があると考えているのか、若い女性達にかかりきりになってしまいます。

本当に不思議な話ですが、女性が30歳を超えてしまうと、男性達のアプローチがピタリと止んでしまいます。
本当にひどい話ですが、女性は30歳を超えてくると、若さ以外の何らかの魅力を表現できなければ、若い女性に太刀打ちできなくなってしまうのです。

そんな姿を若い女性たちが間近で見ていたら「婚活がきつくなる前に、早く結婚した方がいいかもしれない・・・」というふうに思うようになるかもしれません。

あまりにもアプローチされるのでうざくなってしまう

アラサーやアラフォーの女性は、条件のいい男性を探そうとすると「全然婚活にいい男がいない・・・」という風にため息を吐きたくなるくらいに、婚活がうまくいかなくなってしまいます。

それとは対照的に、若い女性というのはあまりにも男性達からのアプローチが激しかったり、大量にありすぎるので「もういい加減うざくなってきた・・・また同じような話を聞かなくちゃいけないの?いい加減面倒くさいんだけど」と、うんざりしてしまうかもしれません。

若い女性というのは、それだけ男性との出会いは多いかもしれませんが、とにかく多くの男性達からアプローチされるので、当然好みの男性も中にはいるでしょうが、大半は好みではない男性が声をかけてくるでしょう。

大学生が婚活でポジティブだったらさらにモテる

大学生が婚活を行う場合、ポジティブであればさらにモテるということを解説していきたいと思います。

ポジティブさを出せばさらにモテる

大学生が婚活をする場合、若いですからそれだけでもモテモテなのですが、ポジティブさを前面に押し出すことができれば、さらにモテ度が急上昇していきます。

なぜそんなにポジティブさが大事なのかと言うと、その人の心の状態というのは、別に頭で考えていることを口に出さなくても、周りの人に何となく伝わってしまうものなのです。

ですから、婚活をしている時に相手に対して不満ばかりだと、それが相手だけではなくて、周りの人に嫌な感じが伝わってしまうので、結局婚活がうまくいかないという事態になってしまいます。

逆に言うと、あなたがすごくポジティブなマインドで婚活をしていれば、周りの人達にプラスのエネルギーを提供できるということです。

そうすると、そんなポジティブなエネルギーを受け取った周りの人達は「この人と一緒にいると、なぜかわからないけどものすごく元気になれるな!この人ってどういう人なんだろう?」という風に、ポジティブな人に対して興味津々で集まってくるようになります。

慣れた感じを出して減点方式で婚活をしてはうまくいかない

婚活に慣れている人というのは相手を減点方式で採点します。
「あ、仕事のお付き合いで夜中までお酒を飲まなくちゃいけないんですね(なんだか、家に帰ったら夜中なのにお酒に酔って大声で歌い出しそう・・・この人と結婚はなしかな?)」というネガティブな感じで、すぐに「あり」か「なし」か、ということを判断してしまいます。

婚活に慣れている人はそのような感じで「婚活に慣れていますオーラ」を振りまきながら、婚活相手を計る目線で見てくるので、自分から相手を切っているつもりでしょうが、お互い様の部分もおおいにあります。

若い大学生で婚活に慣れているという人はあまりいないでしょうから、フレッシュな気持ちで婚活を始めることができるでしょう。

余裕をもって婚活をしよう!

大学生ですから、まだまだ婚活で焦る必要はありませんから、余裕をもって婚活を行うことが大事です。

テンパっている男性に対してもきちんと対応してあげよう

婚活の時に緊張するかもしれませんが、男性だってものすごく緊張しています。
ですので「ここでこんな発言をする?」と言いたくなるような発言や「別にそんなこと言わなくてもいいんじゃないの?」というような余計なひと言を言ってしまう時もあるかもしれません。

婚活に慣れている人は「多くの人と制限時間内に喋らなければいけない」というようなマインドセットがされている場合があるので、相手の発言に余計なことや、言う必要のない内容のものが含まれていると、無性にそれが許せなくなってしまって、相手に対して「不採用」を突きつけてしまうのです。

しかし、それでは婚活がうまくいくはずがありません。
テンパった発言をしてしまう男性に対しても「そうなんですか!」という風にスルーしてあげたり、婚活の場で愚痴を言うような空気の読めない人に対しても「そういう考え方もありますね」というふうに、視点を変えて対応してあげましょう。

普通だったら、愚痴を言うような人は男女関わらず、その時点でゲームオーバーなのですが、逆に考えると、そうやって自分で選択肢を縮めてしまうと、交際相手の選択肢が極端に狭くなってしまいますから、結果的に自分を苦しめてしまいます。

Giveの精神を持って婚活をしよう!

婚活に慣れてしまうと、条件だけで相手を判断してしまうようになるので、本人にはそういう意識はないかもしれませんが、どうしても「人に与える」という精神よりも「人から奪う」というマインドになってしまいます。

「そんな人と結婚したいですか?」という質問をされたら、「はい」という人はなかなかいないでしょう。
ですから、大学生の人は婚活に慣れてしまう前に「giveの精神を持って婚活に挑んだ方が、たくさんの人から好かれる」ということを分かった上で婚活を行っていけば、本当に婚活をしていて楽しいでしょうし、素敵な男性と巡り会うことができるでしょう。

そういう人と出会えた男性は幸せになる

giveの精神を持った女性と出会うことができたら、男性にとっては何よりも幸せです。
幸せな男性はやる気がみなぎるでしょうから、結婚生活も当然幸せになるでしょう。
もしかしたらそれは、表面だけの条件などよりも大切なことなのかもしれません。

「別に若いし、大学生だから、頑張らなくても男性達からアプローチされるから、giveの精神なんて努力せずに婚活をしてもいいんじゃないの?」という風に思うかもしれません。

しかし、若い人にとって重要なのは結婚することではなくて、結婚した後の夫婦生活です。
夫婦生活が幸せでなければ、結婚生活を続けていくことはできません。

ですから、giveの精神というのは男性を幸せにするだけではなくて、女性を幸せにするためでもあるのですから、是非取り組んでみてください。

 

20代女性向け婚活イベントはこちら!