女性の方であれば「結婚するなら年収が1000万円以上の男性がいいな・・・」というようなことを、多くの人が考えるでしょう。確かに経済面で安定していると安心感が違いますよね。

収入が1000万円を超える職業についている人は専門の婚活パーティーで会える

収入が1000万円を超える職業についている人は確かに存在するものの、数が少なくて男性の要求度が高いものなのです。

限られた職種限定のパーティーに出席すれば高収入の男性と出会える

高収入の男性は医者や弁護士、航空機のパイロットや大手銀行員、あるいは経営がうまくいっている自営業や、個人事業主であれば確かに存在しています。

この中でも、医者や弁護士はその職業に就くためには、かなり勉強しないといけませんし、そのためのお金がものすごくかかりますので、ひいおじいさんから代々医者の家系、というように一族まるまる医者の家系だった、というような場合があります。

男性あるいは男性の家族の、女性に対する要求度が高い可能性がある

上記の説明のように名家の家系などであれば、生まれた瞬間から医師や弁護士になるように育てられた、いわば御曹司なのですから、その男性のお嫁さんになる女性に対しての要求度というのも、必然的に高くなっていく傾向があります。

男性が親の言うことを全肯定するような性格であるのならば、男性に気に入られるよりも前に、親に気に入られるように立ち回る必要があるのですが「結婚した後も、向こうのご両親のことを気にしなくちゃいけないの?」と疲れてしまうかもしれません。

嫁姑問題でかなりのストレスがかかる

あなたが運良く年収1000万円以上の男性と結婚できたとしても、嫁姑問題でかなり頭を悩まされる可能性がありますし、その時未来の旦那さんは、100%あなたの味方をしてくれることはないでしょう。

今まで親の言うことを素直に聞いていたのですから、結婚したからといっていきなりお嫁さんの側に立って自分の両親に反発する、というのはかなりの抵抗感があるでしょうから、どっちつかずの対応になってしまいます。

「あなたは何でお母さんの事ばっかり聞いているの!」とあなたが歯がゆい思いをしたとしても、今までずっと親の言うことを聞いて成功を掴み取ってきたのですから、それは酷なお願いと言えるでしょう。

男性の好みに合わせていかなければいけない

年収が高い男性は、それだけ多くの女性たちからのアプローチを受けるでしょうから、身も蓋もないことを言ってしまえば、女性を選び放題なのです。

そのような主導権を握っている男性に対して、どのような女性が人気なのかと言うと、若い女性であったり、健康美にあふれた女性であったり、マナーや常識が付け焼き刃ではなく自然に身についている女性であったり、ポジティブでコミュニケーションを取っていて男性が楽しくなってしまう女性です。

「あんまり女性に夢見ないでくださいよ・・・はぁ~~(ため息)」と、愚痴りたくなってしまうかもしれませんが、高収入の男性をゲットするためには、男性に墓場まで夢を見せてあげる覚悟が必要なのかもしれません。

「何でそこまでしなくちゃいけないの?」と不満に思ってしまったのであれば、普通の婚活をした方がいいでしょう、高収入の男性は競争が激しいですから、他の女性と同じではそもそも印象に残りません。

ですから、男性に「この女性は他の女性とは違う!」というようなことを思ってもらうために、他の女性とは違うことをしなければいけないのです。

シンデレラは高収入の男性を虜にする参考書

童話のシンデレラは、高収入の男性を虜にするための参考書とも言えます。

周りとの協調を重視していた女性にはなかなか難易度が高い

女性というのは、石器時代から男性達が狩りに行っている間に、女性達だけで身を守る必要がありましたから、協調性というのが何よりも重要です。

ですから現在も、女性は協調性を何より重要視していますが、高収入の男性を射止めるためには、その協調性を一旦なくしていかなければいけません。

例として、童話のシンデレラが参考になると思います。
シンデレラは偶然が重なってあのような形になったみたいな印象がありますが、仮にこれを全て計算ずくでやっているあざとい女性とみなせば、そこにヒントがあります。

家族にいじめられて、一緒にパーティーに連れて行ってもらえなかった、というようなストーリーですが、大勢で行ったらそれだけライバルが増えて競争が激しくなり、しかも、知り合いと話しているほうが楽しいので、男性の方に100パーセント意識を向けることができません。

結構それは、女性が気づかないことかもしれませんが、男性がそれを見てしまうとかなりのマイナスポイントですので、シンデレラは一人でパーティーに行こうとするのです。

王子さまが興味津々なのに距離を取るシンデレラ

「もう時間だからパーティーを抜けないといけないの」というふうにミステリアスな女性を演じるシンデレラですが、そんなことを言われたら興味を持っていた男性はさらに火がついてしまいます。

タイミングのいいことに、ガラスの靴を残して退散するわけですが、その後はもうシンデレラが思い描いたシナリオ通りの展開になっていき、見事幸せを手にしたのです。

何が言いたいのかと言うと、高収入の男性をゲットする時には、女性としての魅力を男性に伝えながらも、行動としては男性的な行動を取らなければいけないということです。

女性同士で協力するようなことをせずに一対一で男性と向き合う必要があるということで、それをしてしまうと女性社会でかなりつまはじきにされてしまうかもしれませんから、「それがどうした」と言えるような、強靭なメンタルが必要になってきます。

経済の停滞とともに収入が1000万円を超えるプレイヤーは少なくなっていく?

増税の影響で経済は停滞して、収入が1000万円を超えるプレイヤーは少なくなっていくかもしれません。

過去増税が行われると必ず経済にはダメージがあった

増税が行われると必然的に経済がダメージを受けてしまいますので、ほぼ間違いなくこれから経済は停滞の方向に向かっていくでしょうから、現在よりも、高収入の男性と結婚するチャンスは少なくなってしまうかもしれません。

増税されると消費者の財布の紐は確実に固くなっていくでしょう、それによって企業は倒産を免れようと、内部留保をさらに加速させていくでしょうから、年収1000万円を超えるようなエリートプレイヤーは、今よりも確実に少なくなってくるでしょう。

そうなると、少なくなってしまった年収1000万円を超える男性たちをめぐって、現在よりも激しい競争が行われることになりますから、そんな状況で、女性が高収入の男性と結婚するためにはある程度、目利きが必要になってくるかもしれません。

将来1000万円を超えるかもしれない企業に就職している男性を狙う

現在収入が1000万円あるわけではないのですが、AIやロボットなど、今は第4次産業革命が発生している状態ですから、新しい産業に従事している人達はこれから収入アップが大いに期待できます。

ですから「なかなか高収入の男性と会うことはできても、ライバルたちがいっぱいいるから、選んでもらえない」というふうにお嘆きの人は、現在急成長している業界や、急成長するであろう業界を見定めて、その職種についている男性にアプローチしてみてはいかがでしょうか?

逆に考えるとこれから縮小していく業界もある

会社は10年以内に生き残っている確率は4%ぐらいです。
別にこれはあてずっぽうで言っているわけではなくて、総務省が出している正確な情報です。

ガラケーやスマートフォンが誕生した影響で、ポケベルで収入を得ている業界は根こそぎいなくなってしまいましたので、新しい業界が生まれたら、古い業界はなくなっていくのです。

今の年収だけを見るのではなく、そういった将来性もきちんと考えて、「生涯獲得収入」で上を行く相手を狙いましょう。

 

高収入男性が参加する婚活イベントはこちら!