今回はアラサー女性の婚活パーティーにおける冬のファッションを、解説していきたいと思います。

婚活パーティーでは、男性に素敵な女性だと思われるような服装がおすすめ

婚活パーティーでは、男性から、性格が良さそう・優しそう・素敵な女性かもしれない・女性らしい穏やかな性格をしてそう、というようなことを思ってもらうための服装を選ぶことをお勧めします。

あまり暗い色の洋服を着ていかない方が男性からの受けがいい

婚活パーティーの場では、どのような服装で行けばいいのかという話ですが、まず前提としては色が大事になってきます。

冬は結構黒とか、グレーだとか、紺色だとかダークカラーが増えていきますよね。
けれど、冬だからといってダークカラーでお出かけするのは、普段の時はともかく婚活パーティーの時には避ける必要があるのです。

まあ、できれば婚活パーティーの時だけではなくて、普段の時も冬にダークカラーの服装で外出するのは避けてもらいたいのですが・・・それはなぜなのかと言うと、やっぱり人間は普段やっていないことをその瞬間だけやると、周りの人に違和感を覚えさせてしまうからです。

例えば、いつも冬にダークカラーの服装で出かけている人が、婚活パーティーの時だけ白とかピンクの服装で出かけても、なんだか自分のファッションに自信が持てなくて、自分では大丈夫だと思っていても立ち振舞いが変になってしまいます。

婚活パーティーで出会う人は初対面の人が多いかもしれませんが、あなたの立ち振舞いになんとなく違和感を覚えてしまって、婚活がうまくいかなくなってしまうかもしれません。

なので出来れば、冬だからといってダークカラーのファッションをするのはやめておきましょう、どうしてもそのカラーが好きなのであれば、婚活がうまくいってからその服装をするようにしてください。

できるだけ白い色や明るい色の服装がおすすめ

婚活パーティーではできるだけ白い色や明るい色の服装で参加した方が男性からの受けがいいので、それ系の色のコートを着るといいと思います。

なので、白とかピンクとかのカラーがオススメです。
「え?冬なんだから、冬らしい服装にしたいんですけど?」
と思ってしまうでしょうが、冬でもあまり男性の方は季節感を重要視しないので、できれば男性が好印象を持つような服装で出かけて行ってください。

婚活パーティーでNGな冬の服装

婚活パーティーに着ていくのはやめておいた方がいい服装を紹介していきます。

辛い寒さを和らげようとすると婚活が辛くなる

冬はブーツを履く人が多いですけれども、婚活の場所ではお勧めできません。
ブーツというのは女性のスタイルが、男性からは見えづらくなってしまいますのでよくないと思うのです。

平たく言えば、黒いブーツというのは、あまり男ウケが良くありませんので、あまり履いて行かない方がいいでしょう。
それと、モコモコのファーのブーツとかは、女性のボディラインが見えづらくなってしまうので、男性たちからは不評です。

なんかちょっと、エスキモーと言われるような、寒い場所に生活している先住民チックな見た目になってしまうので、それが男性から見ると「わあ!なんて女性らしい人なんだ!」という風にはならないので、あまりおすすめできません。

ですから、婚活パーティーに参加する時だけでも、ファーではなくて、寒くても根性でパンプスを履いてくるようにしたほうがいいと私は思います。

そして、例えばもこもこのセーターに、ふわふわのスカートに、もこもこのパンツとか、寒いからと言ってめちゃくちゃ長いガウチョパンツをはいて、体の線を隠しすぎてしまうと、大変失礼ながら、だるまみたいになってしまいます。

このような服装は、もちろん婚活パーティーで着ていくファッションとしてはNGです。
婚活に参加していても、全然男性がその服装をしている人の周りに集まってきませんから、人気が出ません。

壁の花になってしまって、全然男の人が自分のところに寄ってきてくれないので「なんで私の方に来てくれないの?悔しい!」という風に、ストレスだけが溜まってしまいます。

ですので「あまり、男性からジロジロ見られたくない」という気持ちは重々承知していますが、男性というのは女性から見ると単純な生き物ですので、初対面の時にはあまり体の線を隠しすぎないように注意しましょう。

「だって寒いから」という風に、もこもこセーターを着たりと体の線が出ないような服装をしてしまうと、婚活パーティーは一発勝負ですから、男性の印象に残りませんので、まずは注目を集めるようにしてください。

男性目線になって婚活を考えていこう

他に、やめておくべき服装としてタートルネックや、ハイネックなどの服装があります。

「だって寒いからしょうがないじゃないですか!」とかなりイライラされているかもしれませんが、個人的には「ですよね、だけど男性ウケが悪いのです」ということしか言えません。

寒いから着たくなると思いますが、婚活のような出会いの場では、タートルネックハイネックというのは、びっくりするぐらい人気がなくなってしまいます。

男性目線で考えてもらいたいのですが、婚活パーティーの時にタートルネックで首全体が隠れている人と、肌をちょっと見せている人とを比べると、全然印象が変わってしまうと思いませんか?

心理的なイメージとして想像してもらえるとわかってもらえるかと思います。
胸襟を開くという言葉もある通りに、その部分が他人から見えるようになっているとなんとなくオープンな印象を受けます。

逆に、その部分をタートルネックなどで隠してしまうと、オープンなイメージではなくて、クローズと言うか「あなたに心を閉ざしています」というような、無言のメッセージを相手に与えてしまいますので、非常にもったいないことなのです。

たとえあなたがどれだけオープンな心を持っていたとしても、婚活パーティーにタートルネックを着てきただけで、それを見た男性から「なんだかこの人に声をかけづらいな」という風に思われてしまって、距離を取られてしまうのです。

ですので、タートルネックやハイネックなどの服装は、婚活パーティーの時には着ていかないことをお勧めします。

「だけど首寒いじゃん!」
という時には、ストールとかマフラーを巻いてきてください。
そして会場に入ったら、コートなどでもそうですけど、ちょっと薄着になるようにしてください。

外でやる婚活パーティーの場合はしょうがないかもしれません。
その場合は風邪をひかないように厚着をした方がいいのですが、けれど例えばホテルのラウンジなどで婚活が行われる場合は、きちんと空調などが入っていると思います。
なので、そこまで寒くはないですから、少し薄着になってください。
外は寒いですので、分厚いコートも着て大丈夫です。
分厚くてあったかいコートを着て、マフラーをぐるぐる巻いてOKです。

しかし、婚活パーティーの会場に着いたら、屋内だという前提ですが上のコートとか、マフラーは脱いでしまいましょう。

しかし、脱いだコートなどを収めるためには、まるで運動部のバッグのような大きいバッグが必要になってしまいますが、それをずっと肌身離さず持っていたら人気が出ません。

ですので、コートやマフラーは大きなバッグと一緒に置いておくか、ロッカーがあればそこに預けたりしましょう。
そうやって、できるだけ手に物を持たないようにすると、人気が出ます。

外ではがっちり厚着、中では薄着

いくら婚活といえども、寒さで風邪を引いてしまったら元も子もないので、外ではしっかりと寒さに耐えられるような服装をする必要がありますが、暖かい室内ではできるだけ薄着になるようにしましょう。

中でもごつい服装をしているのはもったいない

よく婚活パーティーで、室内なのにごついカーディガンを着ていたりする女性がいますが、それはあまりにももったいないと思います。

せっかく多くの男性たちとコミュニケーションを取れるチャンスがやって来たのに、そのチャンスを自ら逃してしまっているように見えます。

ですから、室内では季節もののファッションにこだわらずに、春が来たような服装をしていると男性からの受けがいいと思いますので、お勧めします。

 

30代女性向け婚活イベントはこちら!