婚活に適している年齢という話題だと、女性のことばかり頭に思い浮かんでしまうと思いますが、これは女性だけの問題ということではありません。
今回は、男性が婚活に適している年齢について紹介していきます。

男性の婚活適齢期はいつ?

一般的に男性の婚活適齢期は20代後半から35歳前後と言われています。

35歳を超えると肌や髪などに老いが現れやすい

男性というのは35歳を超えてしまうと、女性のように肌や髪に気を使っていないので、急激に老いが現れやすくなってしまいます。
それに加えて、これくらいの年齢になってくると、人生経験が豊富になってくるので、成長していくと同時に色々と不必要な情報も耳に入ってくるので、マインドが鈍化してしまいます。

青年とおっさんの境目に迷い込む

マインドの鈍化というのは、肉体的には老いてきている30代の男性が、最も気をつけなくてはいけないポイントです。
要するに、感情がフラットになって行っているということです。

一見、良いことのように聞こえますが、フラットのままだと笑顔になることが少なくなっていきます。
30代を超えた男性がなかなか笑顔にならないということは、肉体の衰えとともに口角が下がっていくので、普通にしていると口角が下がった状態になってしまうということです。

そうすると、あなたが別に怒っていなくても、周りの人から”なんであんな仏頂面をしているんだろう・・・何か嫌なことでもあったのかな?”というふうに思われて、変に気を使われてしまうのです。

自分が考えているよりモテなくなってしまう可能性も

このように、肉体的にも精神的にも老いてしまっているような人が、女性から魅力的な存在として、認識してもらえるでしょうか? そんなわけがありません。
ですから、この年齢になってくると、あなたが若い頃に得意としていたテクニックというのが、徐々に使えないものになってくる可能性もあります。

前よりもモテなくなってしまったので、自分が昔やっていたように女性に声をかけても、女性が全然返事をしてくれなくなったり、その他のことにおいても、女性からの反応が全然なかったりするのです。

適齢期を過ぎると婚活がうまくいかない?

35歳を過ぎてしまうと、若い女性の中には”もしこの人と結婚した場合、子供を産んでも成人になる前に、この人の両親を介護しなくちゃいけないかもしれない”というようなリアルを考えてしまう人もいますので、よほど男性に魅力がないと、婚活がうまくいかないかもしれません。

また、30代前半で婚活を始める男性は多くライバルは多い

若い異性が魅力的に見えるというのは男性も女性も同じことです。
ただ、女性はちょっとファザコンの気があるので、思いっきり年上の男性の魅力をアピールすることができれば、30代前半の男性に負けないかもしれませんが、基本的にはそれぐらいの年齢の男性は多いし、手強いライバルでもあります。

20代女性と結婚したい!年齢は関係ある?

20代の女性というのは、基本的に全ての世代の男性からの注目を集めてしまいますので、そのぶん人気が集中しやすく、競争率も高めになります。

年収が高いなど、何か目を惹く点がなければ成婚が難しい場合も有る

35歳を過ぎた男性が、20代の女性の目を引くためには、年収が高いとか、コミュニケーションスキルが高いなどといった、他の男性を押しのけるような魅力的な要素がなければいけません。

そのような魅力が全くなかったり、逆に若い方の男性にものすごい魅力があったという場合は、成婚するのは難しいので、婚活を始める前に、できるだけ自分の魅力を高めておきましょう。

男性も同じ!婚活開始は早い方がベター

上記にも書いた通りに、婚活という話題だと”女性は年齢の壁があるために、なるべく早く婚活を始めた方が良い”というような流れになっていますが、それは男性にも同じことが言えます。

35歳から婚活を始めた場合、成婚が40代になるケースもある

女性と同じように、男性も高望みをしてしまうと、いつまでたっても成婚ができないので、35歳の時に婚活を始めても、結婚する頃には40代になっているケースも存在します。

年齢の不利を覆したい!ポイントは?

婚活というのは男女ともに、早めに行った方がいいのですが、それでは35歳以上の男性は、どのように年齢の不利を覆して行けばいいのか、ということのポイントを紹介していきます。

年収

まずは一にも二にも年収でしょう、女性は現実的ですから、お金というものにものすごく重点を置きます。
確かに、お金がなければ生きていけませんし、生まれてくる命にきちんとした教育をしてあげないといけませんから、お金はあればあるだけアピールポイントになります。

さらに女性というのは、アクセサリーやバッグが大好きですから、それらを買うことができる年収のある男性というのは、必然的にモテモテになります。
「なんだよ! 結局カネかよ!」というふうに考えてしまうかもしれませんが、男性の方だって女性を顔だけで選んでしまうところがありますので、どっちもどっちというところでしょう。

貯蓄

年収よりも注目度は下がってしまいますが、貯蓄も重要な判断基準であることは確かです。
いくら年収の高い男性であっても、新しいことが大好きで、向上心に満ち溢れたベンチャー企業の社長などは、利益が出たらすぐに新しい事業を始めるために、お金を使ってしまうでしょうから、年収に比べて貯蓄は少なめになってしまいます。

そのような男性は向上心にあふれていますので、ものすごく周りにオーラを振りまいているために、女性にとっては魅力的に見えるかもしれませんので、そのような男性を支えたいと思う女性もいるかもしれません。

ですが、冷静に考えるとなかなかのチャレンジャーですので、すぐに会社が傾いてしまう可能性もあります。
そうなると、出会った時の年収が良くても、すぐに0に、あるいはマイナスになってしまうので、注意が必要です。

包容力があるなど

男性は、女性に自分を選んでもらうために、年収や貯蓄をアピールする必要があります。
それはとても大切なことなのですが、それで勝負できない男性の場合は、他の魅力を前面に出していかなければいけません。

何をアピールすればいいのかと言うと、包容力やコミュニケーションスキルなどで、大人の魅力を出していかなければいけません。
上記にも説明した通りに、女性というのは大なり小なりファザコンの気があるので、紳士的で大人を感じさせる振る舞いがちゃんとできれば、年下の女性はあなたのことを魅力的な男性と思ってくれます。

日常を変えていこう!

年下の男性たちを抑えて、魅力的な女性と交際するためには、どれだけ包容力を持った大人の男性になれるかということですが、婚活の時だけそのキャラを演じると、どこか違和感が出てきてしまって、コミュニケーションを取っていても、相手に言葉が届きません。

ですので、普段から女性が”なぜだか、あの男の人を目で追ってしまうんだよな~”と思ってもらえるような、大人の男性としての振る舞いをしましょう

男性にも年齢の期限はある!

いかがだったでしょうか。
婚活する時には、年齢のハンディキャップは女性の方があるような感じがしますが、それは男性も同様で、ある一定以上の年齢になると、どちらの性別の人も自分を魅力的に見せるための工夫が必要になってきます。

それを踏まえた上で、婚活を見事成功に導いていきましょう!