その2 で、魅力ってなんだろう

前回、イケメンを巨乳に例えるなど、独断と偏見で男性の魅力について語ろうとしてきたこのコラム。
ここまでは、イケメンの呪いを解くことに注力しすぎて、イケメン支持説の論破大会みたいになってしまいましたが、果たして今回結論にたどり着けるのでしょうか。
早速、男性の魅力について、あくまで主観的ではありますが、女子である筆者の目線で考えていきたいと思います。

イケメンじゃなくても良いことはわかった、じゃあどうすればいいんだ

多くの女性は「この男は私を大事にしてくれるか」を見定めます。
よく言われる、優しさとか、包容力といわれる要素も、とどのつまりここに行き着くケースが多いのではないでしょうか。

その1で挙げたアイドルヲタの女性も、旦那さんが彼女を非常に大事にしてくれているそうで、そこが結婚の決め手だったそうです。
彼は、とにかく優しくて、彼女の八つ当たりにも怒ったりせずただ彼女の機嫌が直るのを大人しく待っていてくれる、とのこと。
まぁこれは性格の問題で、八つ当たりを我慢しろとは言いませんが、そんなコミュニケーションの端々に「大事にしてもらっている」を感じられるかどうかは、女性にとって重要なことのような気がします。

他にも例えば、食事を奢ってくれたとか、車道側を歩かせないとか、意見をきちんと聞いてくれるとか、そういう男性たちの態度で、女性たちは「大事にされているかどうか」を推し量る癖が、本能的についてしまっているように思います。

ただし、女性の中にも、自分を大事にさせるのがうまい女と、そうではない女が存在します。
そうではない女は、
大事にさせるのがうまくない
→大事にされることを期待しないようにする
→大事にされることを期待していないフリがやたらうまくなる
となり、大事に扱われると怪訝な態度をとったりします。
そんな態度に怯まず、きちんと真摯に彼女を大事にしてあげられれば、彼女も心を開いてくれるようになるかもしれません。

と、ここまできて、一つ言いたいことがあります。
見出しを見て本当に「じゃあどうすればいいんだ」と思ったそこのあなた。
どうすればいいんだ、じゃないですよ!
「女の子を大事にしたらモテるよ♪」みたいなこと鵜呑みにしてどうするんですか!
まだ会って間もない女なんて大事かどうかもわかんないし、そんな女どうやって大事にすんだよって感じじゃないですか!

問題は「どうすればモテるか」ではないのではないか、と思います。

媚びは自信のなさを助長する

どうすればいいんだ、じゃなくて、どうもしなくていいんじゃないかと、筆者は思います。
ちょっと乱暴な言い方かもしれませんが、でも、本当に、究極はどうもしないことがモテの、男性の魅力の真髄なんじゃないかと思うんですよ。

どうもしないってことはなにも、息止めてそこにいればいい、ということではありません。
女性に媚びて、こうしたらモテるとか、こうしたら嫌われない、と考えていては、その人本来のせっかくの魅力が打ち消されてしまうのではと思うのです。

「働く男はかっこいい」の真意

例えば、仕事する男性ってかっこいい、ってよく聞きますよね。
あれって、仕事ができるからかっこいいとか、職種のモンダイ、とかじゃなく、女性の目に無意識だから素敵に見えるんだと思うんです。
なにかに真剣になってる時ってどう見られるかとか気にしていられないじゃないですか。
つまり「どうもしてない」状態だと思うんです。
どう見られるかとか、自信がないとか、他の余計なこと考えていない状態。
ただ、やってる。
ただ、頑張ってる。

だから例え仕事してても「俺デキるっしょ」っていうのは女子の中ではそんなにポイント高くない。
会話の中でも「俺こんな仕事してるんです(かっこいいっしょ)」っていうのにもトキめかない。
だからモテを意識していない、仕事に対する真摯な姿勢が垣間見える話とか、そういうのが良いって言われるんだと思います。
女子はそんな話から、脳内で「どうもせず」仕事を頑張ってるあなたを、都合よく良い感じに想像して勝手に「素敵」って思ったりするんです。

そんな、そのまんまの姿に、人はなにかしらの魅力を感じるのだと思います。

もちろん、自信がなかったり、否定されるのが嫌なのは誰だって同じ。
でも、そのせいで自分の行動が他者からもたらされた情報に侵食されてしまうと、もっと自信はつかない。
確固たる自信なんてなくていいけど、少しだけなら、あるに越したことはない。
なぜなら自分が楽だから。

「自信があるからモテる」なんて言葉、よく聞かれます。
(バイブルとして安野モヨコさんの漫画「花とミツバチ」を強くオススメします)
昔は一般に男性しかできなかったこと(例えば写真を撮る、地図を見る、車の運転、外へ働きに出る仕事)が時代の変化とともに、女性も当たり前にできるようになって、どんどん男性が「すごい!」と言われる機会が減っているらしい。
そりゃ自信なくすよ!!
でも、昔の男性たちは、そんなささいなことで渾々と自信を蓄え、胸を張っていた。それって錯覚に近いじゃないですか。
だったら、分かりやすく「すごい!」って言われなくても、きっと胸を張って大丈夫。

ちょっとの自信を持って、ぜひ、ありのままの自然なあなたで、大事にできる女性を見つけてもらえたらいいなと思うのであります。

綺麗に終わらせようとしてんじゃねえ

え?
そのままのあなたで、なんて耳にタコだって?
ここまで読んだ時間返せって?

確かに。
そのままの姿で勝負しろと言った口が言うのもなんですが、女子がそのままの姿を見る(見たいと思う)前に、いくつかハードルがあるのも、また事実です。

例えば、初対面で「生理的に無理」と思ってしまったら元も子もない。
人間性を見るまでもなく「この人はちょっと…」と女子が思ってしまうケースはなるべく避けたい。

ならばそんなケースを最小限に止めておく対策として、女子目線で初対面の男性のどんなところを見るか、ちょっとしたチェックポイントをご紹介したいと思います。

ただし!女子と一言で言っても、男性にだっていろんな価値観、いろんな好みの人がいるのと同じように、女子にだっていろんな人がいます。
なので「女はコレでイチコロ!」みたいなことは無責任に言えません。
あくまで筆者個人の主観ですが、ご参考にしていただければ幸いです。

超個人的なチェックポイント

・爪

爪が短く切ってあるといいです。
つやつやの綺麗な爪がいいと言っているわけではありません。
かさかさでも、平べったくても(平べったい爪が好きという女子多い)いいんです。
ちゃんと爪が短く切ってある、というのが筆者の思う大事なポイント。
男性の手フェチという女性も多いですし、その分手は注目されるパーツです。
ぜひ女性と会うときは爪を短く切っておいていただきたい。
深爪には気をつけてね。

・歯

爪と同じように歯もかなりその人の清潔感を左右します。
タバコのヤニや茶渋で黒ずんでいたりするのはもちろんですし、歯磨きの足りてないマットな歯、歯の間に溜まった歯垢なんか見えちゃった日には、ATフィールド発動です。
歯のメンテナンスにはお金も掛かりますが、保険適用内のクリーニングだけなら数千円でできます。
自分でフロスするだけでも違うと思いますし、ぜひ可能な範囲でメンテナンスしましょう。(歯医者か)

・声

これは特に個人差があると前置きさせていただきつつ、筆者は声のトーン、高い低いが恋愛対象になるかどうかに大きく関わります。
また、早口でペラペラと話す人より、落ち着いたペースで話してくれる方の方が落ち着きます。
個人的なフェチの話になってしまってすみません。
でも、人は言語だけでなく会話のテンポや声のトーンでもコミュニケーションを取っているように感じます。
早口すぎたり、ぼそぼそ小声だったりはコミュニケーションのリズムを乱します。会話の中で相手と心地よいリズムやトーンを作れるかどうかは、筆者は大事だと思うのです。

大きく3つご紹介しましたが、いかがでしょう。
あくまで一つの意見として、ご参考にしていただければ幸いです。

もしも自分が男だったら

と、ここまでかなりエラソーに語ってきたわけですが、筆者がこんなにもムキになってしまうのには、訳があります。

それは、筆者は女性ですが、もしも男性に生まれてたら、非モテ街道まっしぐらだっただろうな、と思うからなのです。

例えば、運動神経0、不器用、余計なことを口走る、駆け引きできない、鈍臭い、妄想癖あり、笑い取れない、ケチ、たまに知ったかぶりしちゃう、カラオケとかボーリングで爪痕を残したことない、などなどなど。
これらはかろうじて女子だったから持ちこたえられたことで、しかも若かったから許してもらえてきたけど、これからは加齢とともに女子でも許されなくなってくるのでマジで気をつけなくてはと身構えているところです。
(ちなみにボーリング上手い男子が苦手な女子も多いから安心して)

そんな筆者、同じような性質を持って異性である男子に生まれてきた皆様(失礼)のことを考えると、もう勝手に同志な気持ちというか、前世はきっと同じ穴の狢というか、私は女に生まれてセーフだったけど、男子ってマジで大変だな!!と思うのであります。

でも、ここで朗報です。
こんな筆者ですが、女子たちに「ミツコが男だったら逆プロポーズした」とか「ミツコが男だったらよかったのに」と言われたことがあるんです!!
しかも3人から。

と、いうことはですよ。
きちんと内面を知ってもらえたら、好いてくれる女子はいるのです。
あなたがどんなに「非モテの条件」にあてはまっていたとしても。
だから希望を捨てないでください。
そのままのあなたで、素敵な女性に巡り会えることを心から願っております!!