婚活がうまくいかない……そういう悩みをもっているアラサーは、男女ともに非常にたくさんいます。一生懸命に頑張っているはずなのに、なんでうまくいかないんでしょう? 単純に、運が悪いだけで済まされるものなのでしょうか。ですが、それにしても全くうまく出会えない、厳しい現実があります。
実は、それには理由があることにお気づきでしょうか? おそらくわからないと答える方が多いのではないかと思います。このように、明らかな理由があるにも関わらず自分自身では自覚がないケースでは、たとえ失敗の理由が改善できるものであったとしても、それにさえ気づけないのです。
とはいえ、一人でもやもや考えていても婚活は前に進みませんから、アラサー男女の婚活がうまくいかない理由を一緒に考えてみましょう。

アラサー男女の婚活連敗理由1.まだ若いと思っている

30代近くなっても、まだまだ自分は若いと思っている方はとても多いです。もちろん、アラサーくらいであれば、世間一般には「まだ若いよ! 」といわれることが多い年齢だとは思います。しかし、婚活となれば話は別です。実は、婚活の市場や、結婚を見据えたお付き合いを求められる場所では、アラサーの方は高めの年齢層であると位置づけられることが多いです。子供を作ったり、今後の結婚ライフを考えたりしたとき、長く一緒に健康でいられるほうが安心だという考えも自然と働きます。ですから、20代など若い年齢層と比べると、婚活で選ばれる確率は、アラサーであるという時点でどうしても低くなってしまうのです。
「まだまだ自分は若い、20代と変わらない! 」という認識でいると、残念ながらカップリングは厳しいと言わざるを得ません。実際に婚活を始めている方なら身に染みているでしょうが、ずっとこんな意識でいたのでは、あまりのカップリング率の低さにびっくりしてしまうはずです。まずは、「婚活市場ではアラサーは高年齢層で、選ばれにくいリスクになるのだ」ということを把握しておくのが、厳しいアラサーの婚活を成功に導く第一歩です。

アラサー男女の婚活連敗理由2.焦りが見える

婚活に連敗するアラサーがまだ若い意識でいる、という話をしましたが、もっと恐ろしいのは、自分がアラサーでもう若くないことを潜在意識では気づいていて、どうしても結婚を焦ってしまうということです。結婚に対する焦りは、自分が気づかない間に周りに伝わってしまっています。結婚を焦る気持ちはわかります。でも、結婚を焦っている人が周りからどんな風にみられているか考えてみてください。「この人、こんなに必死なのはなにか理由があるのかも……」「なんかこの人、ガツガツしてて痛いな……」と思われてしまうのではないでしょうか。
女性は早く子供が欲しいから、焦るのも仕方ないんじゃないの? と考えるかもしれません。しかし、周りの方はそんなことは考えてくれません。男性も女性も関係なく、結婚に対する焦りが見える人には余裕がなく、痛々しく見られてしまうのです。この人痛いな、と思われてしまった瞬間に、婚活はかなり厳しいものになってしまうといわざるを得ません。

アラサー男女の婚活連敗理由3.自分磨きが足りない

婚活も普通の恋愛も共通ですが、異性に好かれ、付き合おうとするなら、相手から「この人いいな…」と思ってもらうことが不可欠です。魅力を感じてもらわなければなりません。ですから、自分磨きをするというのは婚活をする上で必須のことといってもいいでしょう。自分磨きが足りないままだと婚活は連戦連敗のままです。
アラサーとなると、もうそろそろ落ち着いた、いい大人の年代です。自分のことには自分で責任を持つということがあたりまえのことになってきます。それは、自分の持っている魅力に関しても同じです。顔とか身長とか、そういったこと以外にも、自分磨きをして大人の魅力を出していくことはできるはずです。
例えば、体型や姿勢がだらしない、肌が汚く清潔感がない。などという部分は、ちょっと生活の中で気にすれば改善できるものの例です。また、見た目以外にも、内面やそれから生み出される立ち居振る舞いから受ける印象も大事です。覇気がない人は、魅力が全くないように見えてしまいます。エネルギッシュに過ごし、元気な人だという印象を与えるようにしましょう。

アラサー男女の婚活連敗理由4.結婚の話ばかりする

 先ほど話した「焦り」ということにもつながりますが、相手に出会って最初から結婚の話ばかりするのは、いくら婚活だからといってもご法度です。出会いのきっかけが婚活でも、そのあとお付き合いを続けて、相手の魅力を少しずつ知っていって、この人となら添い遂げられるかもしれない、と思って結婚に至る、という流れは普通の恋愛と変わらないのですから。結婚の話ばかりしていると、「この人は結婚したいだけで、別に相手が自分じゃなくてもいいんじゃないかな……? 」と思わせてしまうこともありますし、余裕のなさを感じてお断りされてしまうということも十分に考えられます。
カップリングが成立して舞い上がる気持ちはわかりますが、つきあう段階になったらきちんと恋愛をしてから結婚まで繋げましょう。最初から結婚のことや、子作りの話ばかりしてしまうと、相手が引いてしまう原因になります。

アラサー男女の婚活連敗理由5.高望み

アラサー男女の婚活で失敗する人の多くは、相手に高望みをしてしまっています。そんなことない、普通の人でいいんだけどな、と思いましたか? いえいえ、実際はそうでないかもしれないですよ。
しらずしらずの間に、年収が高い人がいいとか、ルックスがいい人がいいとか、条件を自分で厳しくしてしまっている人も多いのです。これは、もっと若い方でさえ婚活を失敗に導く一つの原因です。ネットの検索をイメージしてください。検索条件を厳しくすればするほど、ヒットするサイトは少なくなってきますよね。婚活の相手探しだって、それと一緒です。高望みしすぎたり、条件が多すぎたりすると、条件に合う人はどんどん少なくなっていきます。もっと言えば、あなたの求める条件にピッタリ当てはまる人はまず見つからない、と思うくらいで臨む必要があります。
相手に求める条件は、多くても3つまでにしましょう。それでも十分あなたが満足する人はみつかるはずです。婚活のプロフィールや初対面の印象だけで相手を選んでしまうのは、本当にもったいないことです。婚活に来ている異性の中には、魅力的な人はいっぱいいるのですから、まずは少なめの条件から初めて、相手のいいところを知っていけば、必ずいい出会いはあるはずです。婚活がうまくいかないときは、相手に高望みしすぎていないか、条件を厳しくしすぎていないか、一度考えなおしてみるのがよいでしょう。

うまくいかないときは立ち止まって考えて

婚活がうまくいかないのは、運が悪いからだけとは決して言えません。あなた自身の中にも、何か原因があるはずです。
ここで述べてきたように、「アラサーである」ということは、それだけで高年齢だという判断をされてしまいますから。年齢が婚活の壁になるのは必然です。婚活を成功させるためには、一旦冷静になるために立ち止まってみましょう。そして自分を振り返り、どうしてうまくいかないのか考え、それに対する対策を上手にとっていきましょう。それがあなたを婚活の成功に導くコツになります。

 

30代男性向け婚活イベントはこちら!

30代女性向け婚活イベントはこちら!