もうだいぶ前の話ですが以前に「こだまのすすめ」という記事を執筆させていただきましたが今度はその九州新幹線つばめバージョンになります。筆者が今年3月(執筆時点2019年)に鹿児島を出るまでは九州新幹線はむしろつばめを狙って乗るほどでした。つばめは各駅停車なくせにすごい列車なのですが今回はそんなつばめの魅力をじっくり紹介していきます!

九州新幹線つばめ号

九州新幹線つばめ号とありますが厳密には九州新幹線鹿児島ルートを走るつばめ号という呼び方の方が適格でしょう。これは後に九州新幹線長崎ルートが開業するためです。
つばめ号は後述するかつての在来線特急つばめ号から名称を引き継いだもので、運転区間は九州新幹線鹿児島ルートの全線です。特に博多から熊本までの本数が多いのですが時々山陽新幹線の小倉駅まで乗り入れるものもあります。停車駅は東海道山陽新幹線のこだま号と同様に各駅に止まります。

在りし日の特急つばめ

かつて日本でもトップクラスの走行距離を誇る在来線昼行特急列車がありました。それが在来線時代の特急つばめ号で、鹿児島本線を全線走破するというものでした。鹿児島駅から博多では終点とならずに関門海峡の港町にして九州の玄関口だった門司港までを結んでいました。新幹線のなかった時代は鹿児島から博多までは日帰りが難しい所要時間だったようで、片道5時間前後はかかっていたようです。
特急つばめ号は独創的な車両がデビューした場でもありました。当時にしてはなんとも近未来的な顔立ちをした黒ずくめの特急、つばめ号からは引退こそしましたが今でも日豊本線や長崎本線で特急列車として走り続けています。
つばめc1
つばめc2

使用車両と凄すぎる内装

それでは現在の新幹線としてのつばめ号ではどのような車両を使用しているのでしょう?在来線時代のつばめ号の車両もなかなか独創的でしたが新幹線のつばめ号もまたかなり独創的な車両なんです。
つばめ
 これがJR九州の誇る800系新幹線で、正面から撮ったものになります。これがつばめ号に使用されている車両で、時に博多止まりのさくら号に充てられることもあります。
つばめ
 車両の先頭部分を横から撮ったものになります。赤いラインがカッコよく映りますね。
つばめ
  車体にはJR九州のシンボル?でもあるつばめマークが在来線時代のように施されており、マークを囲うようにIntercity around kyushuと書かれています。外見だけでもなかなかカッコいいつばめに使われる800系新幹線ですが中の座席配置を見ればさらに驚くこと間違いなしです(笑)。
つばめ
 進行方向の後ろから撮ったものになりますがあまりにもゆとりがありすぎるとは思いませんか?例えば東海道山陽新幹線ののぞみ号などはグリーン車以外は3+2の座席配列になっていますが800系新幹線ではそもそもグリーン車がないかわりになんと全て2+2の配列になっています。シートピッチものぞみ号などの普通車と比べると一回り広くなっています。
つばめ
 ちらかっていて恐縮ですがこちらも座席の写真です。車両ごとに色遣いが異なるのも80系新幹線の特徴です。これが各駅停車でいいのかと思えるほど洒落ていますね….。
つばめ
 実は九州新幹線鹿児島ルートのつばめ号で使用される車両は800系だけではありません。特に夜間に鹿児島中央を出発する列車は終電が近づくにつれて普段ならさくら号やみずほ号として山陽新幹線の新大阪駅まで乗り入れている九州新幹線直通専用のN700系新幹線もつばめ号として走行することがあります。N700の場合は自由席は3+2の配列で、指定席は2+2の配列になります。
このことから800系新幹線のつばめ号の自由席は恐らく新幹線史上最強クラスと言えるでしょう。

つばめに乗るメリット

つばめに乗るメリットの内、かなりの部分を前項でネタ晴らししてしまったようなのですが改めてまとめてみましょう。まず1点目は(N700にあたった場合を除いて)ゆとりのある座席で各駅停車とはいえども快適に過ごすことができます。続いて2点目は各駅停車とだけあって自由席の割合が多いです。ですので指定席がとれず、しかもさくら号やみずほ号では自由席も座れないとなってもつばめ号は最後の切り札として残ります。そして3点目はやはり車両がカッコイイ、しかも中も洒落ているといったところでしょう。

盲点はここにあり!

これまでのところ新幹線史上最強の各駅停車のように見えますが実は次に述べるような盲点もまたいくつか存在します。
まず1点目がシートテーブルが大きくないところです。鹿児島中央から博多までつばめ号で完乗すると2時間少々かかりますが座席裏ではなく肘掛けのところに収納されている関係でやや小さめなのでPC作業には向きませんし、弁当もやや置きにくいです。これはN700のつばめにあたると克服されます。
2点目はコンセントがないので充電できないところです。ただ、これも同様にN700のつばめにあたれば克服されます。
そして3点目はやはり各駅停車ですから時間がかかるところでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?各駅停車の割には快適すぎるうえに車両も独創性があってカッコイイつばめ号ですが電源を必要とする場合やPC作業をする場面では不向きなようです。それでも筆写は車内では窓に向かってボーっとするスタイルなのでつばめは重宝しています(笑)。