福井に行ってみることにしました。北陸新幹線金沢開業前だったので最速で行くには、東海道新幹線を利用して米原経由となります。急ぐ訳ではない気まぐれ旅なので、定番の経路で行くことはしたくありません。時刻表を調べて見たら高山・金沢間に高速バスが走っていて、途中休憩が白川郷ということなので、この路線を使うことにしました。

まずは高山本線に乗るために岐阜駅へ

岐阜・高山・金沢経由で福井
高山まで向かうのに新宿・高山という高速バスがありますがこの路線は次の機会にしました。高山まで、金沢からは鉄道を使い、できるだけ各駅停車でのんびりした旅を楽しみながら、高山のバスの時間に間に合うように列車を使うことにしました。

高山のバスは本数が少ないので乗り遅れが出来ませんから、バスの時間を基準にして旅程を決めました。そんなわけでちょっとだけ先を急ぐ旅となり、名古屋までの定番となっている「ぷらっとこだま」は使いません。それでも少しお得で、のぞみと時間差がないひかりを使って名古屋に向かいます。

名古屋から東海道本線で岐阜に向かい、高山本線に入って普通列車を美濃太田で乗り換えて下呂まで行き、下呂・高山は特急利用となります。名古屋で時刻表を見たところ岐阜からの列車に時間があることがわかったので、大垣まで行って岐阜へと折り返すことにしました。普通列車乗車区間は青春18きっぷを利用しますので、時間と体力・気力があればどこへでも行くことができます。

岐阜・高山・金沢経由で福井
東海道本線を乗車したことはたびたびありますが、大垣駅に下りたことはありませんので、良いチャンスだと思いました。名古屋駅在来線ホームは大都市の玄関駅ながら、東京駅や大阪駅とちょっと違った雰囲気があります。ホームにきしめんのお店があるだけでなく、本線ホームを貨物列車が通過して行きました。

韋駄天走りの新快速に乗車してあっという間に木曽川を渡り岐阜駅に到着しましたが、そのまま乗車して大垣駅に向かいます。新幹線だと連なるように渡ってしまう長良川と揖斐川も、それぞれが大きい川ということを感じながら大垣駅に着きました。

大垣駅は西濃の拠点駅となっていて東海道本線の他に養老鉄道、樽見鉄道が発着しています。樽見鉄道は元国鉄樽見線だったのでホームは共用になっています。薄墨櫻で有名な第三セクター鉄道なので、いつかは花の季節に乗車してみたいと思いながら岐阜駅へと折り返しました。列車が揖斐川橋梁に差しかかろうとした時、東大垣駅で列車交換する樽見鉄道の列車を見ることが出来たので運が良いなと思いました。

下呂駅までは各駅停車の旅

岐阜・高山・金沢経由で福井
岐阜駅に着くとワイドビューひだがいましたが、乗車列車はこの列車のあとで発車する普通列車です。地方幹線では普通列車が少なくなっていて、高山本線は日中下呂・高山間に普通列車が走っていません。それでも美濃太田駅で乗り換えて下呂駅までは行くことができます。のんびりと濃尾平野から飛騨山中へと移り変わる車窓風景を楽しむことにします。

岐阜駅から鵜沼駅までは濃尾平野の北縁を走り、その先ライン下りで知られる木曽川と共に山峡を分け入って行き視界が開けるとまもなく美濃太田駅となります。美濃太田駅は北濃の拠点駅で、太多線と長良川鉄道との乗換駅となっています。

岐阜・高山・金沢経由で福井
JR東海色をまとってはいますが国鉄時代から走っている気動車を乗り継いで、美濃太田駅を出ると飛騨川に沿って山あいに入って行きます。古い気動車は加速が悪くて出足がもぞもぞしているだけでなく、勾配区間に入るとエンジン音が高くなりあえぐように走るものと思っていました。

車内や乗り心地は確かに国鉄時代を感じさせる古い気動車で、車窓を見れば確かにけっこうな勾配を上っていると思われます。ところが勾配をものともせずに軽快な走行音を出しながら走っており、何だか走りのイメージがこれまでの車両と違うようで、この車両はエンジンを新しいものにしていることに思い至りました。平坦線では感じられなかった想定外の快適な走りで、日本三名泉のひとつとして知られる下呂駅に到着しました。

高山駅から白川郷経由で金沢へ

岐阜・高山・金沢経由で福井
途中下車して温泉気分を楽しむこともなく、ほどなくやってきた特急列車に乗車して高山に向かいます。高山までは50km弱で所要時間はおよそ50分。朝夕は普通列車が走っていますが日中は皆無なので、特急列車とはいえ昔の準急列車みたいに小まめに停車します。特急料金もワンコインとはいきませんが手軽な料金なので、快適な車内で寛ぎながら美しい飛騨川沿いの車窓が楽しめます。

予定通りに高山駅に到着。いよいよ世界遺産経由の高速バスで金沢駅に向かいます。駅近くにあるバスターミナルで金沢までの乗車券を購入。どんなバスが来るかと思ったら4列シートのかなり年代物の車両でした。世界遺産を経由する観光路線ですが、窮屈な思いをするほどの乗車率ではありません。仕方がないなと思いながら白川郷での途中休憩を楽しみに発車時間を待ちました。

高山はかなり標高が高いところにある盆地ということに、鉄道で向かって見てもあまり感じることはありませんでした。高速バスに乗って東海北陸自動車道に入ると、トンネルまたトンネルですごい山中を走ります。そしてちょっと開けたところに出たと思ったら白川郷ICとなって、インターチェンジを出て白川郷へと下ってゆきトイレ休憩となりました。

白川郷
合掌造りで知られる世界遺産の白川郷。冬はさぞかし雪の多いところだろうと思いながら、小休止の間にちょっとだけ散策気分を楽しみます。あっという間に深い谷底にある山里に別れを告げ、再び東海北陸自動車道に入ると、只ひたすらトンネルが続く急勾配の下り坂を砺波平野に向かって走ります。

上りにしろ下りにしろ運転が大変だと思いながら、いつまで坂が続くのかと思ったら、散居村が特長とされている砺波平野の田園地帯の中に入りました。高速バスは砺波平野を駆け抜け富山・石川県境の峠越えをすると、その先は金沢平野が開け、ほどなく高速道路を下りて金沢駅に到着しました。

金沢
加賀百万石の城下町金沢はとっても好きな町のひとつですが、今日の目的地は福井なので寄り道したい思いは抑えて先に進みます。名古屋・大垣・岐阜・下呂と青春18きっぷを利用しましたので、金沢・福井も18きっぷを使って各駅停車の旅を楽しもうかと目論んでいました。さすがに早朝からの乗り継ぎ旅で疲れてきたので、余力を残して福井にたどり着きたいと考えて、特急列車を使って福井に向かうことにしました。

帰りは乗換なしの高速バスで東京へ

敦賀湾
福井から東京への帰り道は急ぐ旅でもありませんので、うまい具合に福井・東京間の昼行高速バスがありますので利用することにしました。バスの経路は北陸道・名神高速・東名高速経由となっていて、北陸道は今庄・敦賀・木ノ本間がほぼ昔の北陸本線ルートとなっています。今庄・敦賀間では旧北陸本線では美しい敦賀湾の車窓風景が有名で、バスでも見ることが出来るのではと期待しました。

福井駅の発車時間は朝7時30分というかなり早い時間となっていますが、車窓風景を楽しむには昼行バスでなければなりません。ちょっと眠い感じはしますが敦賀湾の景色を見るためには居眠りするわけにはいきません。北陸道に入り今庄インターを過ぎたところで山岳地帯という標識を見て、豪雪地帯にやってきたのだと思わされました。

北陸本線旧線では蒸気機関車が重連、後補機を付けて越えた山岳地帯を、長いトンネルをくぐりながら高速バスは快適に走って行きます。そろそろだろうと右手を注意していたら、穏やかな表情の敦賀湾を一瞬ながら見ることが出来ました。

しっかりと北陸旧線の眺めを確かめたら疲れが一気に出たようです。そのあとは快適な3列シートのバス車内で、途中休憩ではバスから下りたものの、ほとんどうつらうつらとの夢見心地でした。気がつけば東名高速から首都高に入っていて東京駅まで向かうつもりでしたが、池尻大橋が下車停留所になっているため田園都市線を使うのが楽なので終点まで乗車せずに途中下車することにしました。

 

鉄道好きが集まる婚活イベントはこちら!