千葉に行ってみることにしました。横浜から千葉・房総半島に向かうと言えば、横須賀線が総武快速線と直通運転しているのでこのルートが定番と思っていました。県都千葉市の玄関口千葉駅に行くには総武快速線が今でも定番となっていると思うが、その先の房総半島各地に向かうには平日・日中の特急列車がほぼ全滅状態。いろいろ調べて見たら東京湾アクアラインを使うと、簡単便利に対岸の内房線沿線に向かえることがわかりました。

なるほど東京湾アクアラインが出来たおかげで、内房はもちろん外房の主要都市にアクアライン経由で高速バスが走っています。急がない気まぐれ旅なので、小湊鐵道といすみ鉄道を乗り継ぎ房総半島横断して、外房に出てから千葉に向かうことにしました。

アクアラインで小湊鐵道起点の五井駅へ

アクアライン
房総半島には本線格の外房線・内房線が半島をめぐっていて、久留里線と私鉄の小湊鐵道、第三セクターのいすみ鉄道の3路線が支線のように半島内へ向かっています。本線格の外房線・内房線は電化されているが、3線は関東圏では貴重な非電化路線で、会社が別なのでそれぞれ個性的な車両がいて運行が行われています。

まず横浜から対岸の房総半島へと高速バスでアクアラインを経由して向かうことにする。うまい具合に横浜駅から小湊鐵道の起点になる五井駅まで小湊鐵道高速バスが走っています。なんと横浜駅・五井駅間はおよそ1時間という早さ。これではJR線は全く太刀打ち出来ないわけです。

乗車定員制の高速路線バスなので事前の予約は行えないので、少し早めに横浜駅東口バスターミナルに向かいました。横浜駅東口から首都高にどうやって入るのかと思ったら、みなとみらいに入って行きのエリア内にある入口を利用。空港連絡バスを使って羽田空港に向かうときはいつも横羽線・湾岸線ルートなので、浮島JCTまでは通い慣れた道。その先にどんな光景が待っているかがとっても楽しみでした。

浮島JCTからアクアラインに入ると途中まではトンネルで、海ほたるのところで東京湾上に出ことに、天気が良くないので見晴らしが利かずちょっと残念な初アクアライン。房総半島にあっという間に上陸し、館山自動車道を経由して、気がつけば五井駅にたどり着きました。

のんびり小湊鐵道のディーゼルカーで上総中野へ

小湊鐵道
五井駅からは房総半島横断の旅。まず小湊鐵道に上総中野駅まで乗車する。この鐵道は元々外房の小湊を目指して建設された房総半島横断鉄道。終点になっている上総中野駅に国鉄木原線が接続したことから、その先の延伸を断念したという路線です。2つの路線が接続したとはいえ、国鉄時代から現在に至るまで直通運転が行われたということは無いようです。

JR内房線と共同使用駅なのでJR線改札を入り跨線橋を渡ってホームに向かいます。ホームに待っている列車は、オレンジ色とクリーム色の塗り分けに前照灯がおでこに2灯というオリジナル車両。2ドアのサイドビューは国鉄20系気動車に良く似た感じとなっています。

車内はローカル鉄道とはいえ首都圏近郊なのでロングシート。せっかく気動車での汽車旅を楽しむにはちょっとガッカリな感じです。駅構内には五井機関区があり200系をはじめとして貨車や小型DLなどいろいろな車両が休んでいました。

五井駅
五井駅を出るとほぼ90度カーブして内房線と分かれて、養老川に沿うように内陸へと向かいます。住宅地が見られるものの車窓はのどかな田園風景が続きます。途中の上総久保駅をすぎたあたりからは、山が両側からせまってきて養老川の広い谷間を上って行きます。その先には豊かな緑や紅葉が美しく、温泉もあるという千葉有数の観光地として知られる養老渓谷があります。

養老川と別れて養老渓谷の玄関口養老渓谷駅を発車すれば次は終点の上総中野駅。二つの駅の間は内房から外房に変わる分水嶺を越えることになり峠越えの雰囲気が楽しめます。2つの鉄道の接続駅とは言っても山中の小さな駅で、両線の線路はつながっているようだがホームは棒線1線ずつ別々という配線になっています。

上総中野からいすみ鉄道最新車両で大多喜へ

いすみ鉄道
棒線1本の駅なので対向列車が来ることはありせんので、乗車してきた列車は10分ほどの折り返し停車をして、内房への峠へとコトコトと向かって行きました。山中の小さな町にある小さな駅は、乗換客が幾人もいるものの列車が去った後は、時が止まったような感じを受けました。

いすみ鉄道は急行列車などの運行で話題にはなっているものの、もとは赤字ローカル線転換の第三セクター鉄道。軽快気動車と呼ばれるあまりスタイルの良くない列車がやってくるものと思っていました。ところがやってきたのは窓が大きく明るい菜の花色の真新しい軽快気動車2両編成。新車のようでなんだかラッキーな気持ちになって嬉しくなりました。

レトロな急行房総号で大原へ

いすみ鉄道
外房海岸に向かって里山の車窓風景を楽しませてくれながら、新型軽快気動車は山を快調に下って行きました。いすみ鉄道の拠点駅となっている大多喜駅で名物の気動車急行に乗車するため、ちょっと名残惜しい感じはするのですが下車しました。

駅では側線に「そと房」のヘッドマークも凛々しいキハ52形気動車が待っていました。乗車列車が大原へと発車して行くと、ゆっくりと入れ換え作業がはじまりました。一般型の気動車とはいえ入れ換えの光景を眺めながら、なつかしい国鉄型の気動車での列車旅への期待がふくらみました。

ノスタルジーを感じさせるのは外観だけでなく、車両の中は吊り広告も昭和の頃のものでした。気動車急行が走っていた時間が当時に戻ったような雰囲気を感じさせながら、急行「そと房」号はのんびりと走り停車して、終着駅の大原駅に到着しました。

大原から外房・内房線経由で千葉へと向かう

外房・内房線
のんびりと昔懐かしい気動車急行の余韻を楽しみたいところですが、外房線から内房線を通って千葉に行くには、すぐに発車する外房線下り電車に乗らなくてはなりません。後ろ髪を引かれるようにして「そと房」号と別れて外房線各駅停車に乗車しました。

はるか昔、房総各線が電化される前とは列車名は変わるものの、外房線と内房線との間を安房鴨川始終着の気動車準急・急行は直通運行をしていました。当時だったら安房鴨川行の急行列車を待って乗車すれば、そのまま千葉駅にたどり着いていました。

時間が戻ったような気動車急行に乗ったので、昔を懐かしんでしまいましたが、実際は安房鴨川駅で乗り換えないといけません。安房鴨川駅から千葉駅までは乗換無しで普通列車が走っていますが、さすがに乗り疲れをしてしまったようで、館山から特急列車に乗って千葉駅まで向かうことにしました。

 

鉄道好きが集まる婚活イベントはこちら!